YouTube、360度動画のライブストリーミングと3D音響に対応

4月18日、YouTubeは360度動画のストリーミング再生に対応したことを発表しました。これまでは、アップロードされた360度の再生のみでしたが、今後はリアルタイムに配信される360度動画を楽しめるストリーミング配信に対応しました。

※YouTubeは、2015年3月より360度動画に対応しています。

また、YouTubeは合わせて現実の音の位置をVRでも再現する立体音響を導入したことを明らかにしました。3D音響が実装された動画の例はこちらから。

YouTube360度動画ライブストリーミング

YouTubeは360度のライブストリーミングのために、VideoStitchやTwi Big Earsといったソフトウェア会社と連携していることを明らかにしています。

また、ロサンゼルス、ロンドン、東京など世界の8箇所にある撮影スペース、YouTube Spaceにて今回実装した360度のライブストリーミングと3D音響の技術を使えるとのこと。

YouTubeは、「360度のストーリーテリングによって、誰もが世界中で起きていることを体験できるようになる。(中略)かつては限定的だった体験を今や誰もが、どこでも、いつでも体験できる」とコメントしています。

(参考)
YouTube Official Blog / One step closer to reality: introducing 360-degree live streaming and spatial audio on YouTube
https://youtube.googleblog.com/2016/04/one-step-closer-to-reality-introducing.html

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ