デイリーランキング

スナップチャットの“性別を変えるARフィルター”が大ヒット

AR/MR

2019/05/15 18:30

ハニーストラップの蒼月エリが活動引退を発表 引退配信は5月21日に

VTuber

2019/05/20 11:13

ローソンの 「からあげクン」がVTuberデビュー 5月21日より活動を開始

VTuber

2019/05/21 11:00

Oculus Quest、Amazon経由での注文に発送遅れか 公式ストアは“遅延なし”

Oculus Quest

2019/05/21 12:42

【Oculus Quest】発売時に遊べるゲーム・アプリ全58本まとめ(2019年5月20日更新)

Oculus Quest

2019/05/02 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(4月6日~4月19日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

アライさんが大量発生なのだ!

https://www.youtube.com/watch?v=52B4CzR5ySo

(4月18日)

いぬじまちゃんねるが公開したのは、今Twitterで増えまくって話題の「◯◯なアライさん」についての解説と、面白いアライさん紹介。

アライさんの口調とアイコンを模して、内情暴露するスタイルのこれらのアカウント。掲示板の「◯◯だけど質問ある?」に近い、匿名性と「本当かウソかわからない」感じは、見方によってはバーチャル的。下世話な話の多いアライさん界隈を、鋭い視点で分析しています。

普段マンガ紹介をしているこのチャンネル、このようなネットの出来事を、冷静に俯瞰しながら切り込んでいくことも多く、とてもユニーク。話題をキャッチするスピード感と、語りのうまさも見事です。

【検証】ドヘタでも一週間同じ絵を描き続けたら上手くなる説【キズナアイ】

https://www.youtube.com/watch?v=UptkkF4NN6o

(4月17日)

風紀委員長の粛正罰丸の動画は、絵を描きたい初心者が見ると勇気が出る内容。一週間絵を描き続けて、どこまで上手くなれるのかを検証したものです。ネットにあるイラスト講座を見ながら、毎日一枚ずつキズナアイを描く。果たしてどこまでうまくなれるのか……?

1日めはデフォルメなのでおいておくとして(これはかなりかわいいのですが)、2日目から7日目の上達が半端じゃない。バランスのとり方を身に着けたことで一気にうまくなっています。

これ自体が簡単イラスト講座にもなっているので、真似してみるのも一興です。なお、オチはなかなかにハラハラするので、最後まで見よう。

皆に内緒にしてた秘密があります。【富士葵】

https://www.youtube.com/watch?v=OY6rJnP_Hwo

(4月9日)

カバーアルバムも出し、絶好調の富士葵ですが、YouTube動画は相変わらず珍妙なので安心しました。今回は「実は富士葵はこっそり男性VTuberをやっていた」というもの。
ネタなのですが、ちゃんとチャンネルを開設し、Twitterアカウントもとり、動画を数本アップしているという、ガチなこだわりよう。

果たしてそのチャンネルはどこにあるでしょう、というクイズ形式。言う前は2桁登録だったチャンネルが、ファンの探索で一気に登録者数が膨れ上がります。解答編はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=2Mdn8La5GTY

2Terra channel.というところ。今は4000人も登録しています。
手の込んだ遊びであると同時に、これほどまでに新人VTuber(特に男性)は見つかりにくいというのが証明された内容。男性側で撮った動画の内容自体は面白いがゆえに、デビューの厳しさが身にしみます。だからこそ、面白いと思ったVTuberは、少しでも拡散しよう、と心に誓いたくなるクイズイベントでした。

【悲しい話】裁判で一番辛かった出来事【4月10日生放送切り抜き】

https://www.youtube.com/watch?v=oQSL1AfA_5I

(4月12日)

現在有名YouTuberや情報動画チャンネルで取り上げられ、バズりまくっている懲役太郎。ここしばらく生放送を頻繁に行っており、話題のキモになる部分の切り抜きがかなりの頻度でアップされています。
その中で、インパクトがありすぎたのがこちら。懲役太郎が経験した、「裁判で一番辛かった出来事」

ついつい「最低」という言葉を人生の中で使いがちですが、本当に最低な出来事ってあるんだなあと慄いてしまう。辛いとしか言いようがない。
懲役太郎の犯罪、刑務所、栽培、罪状系の話題は、懲役太郎というアバターを通しているのでとても聞きやすい。どこまで本当なのかは自分で調べるのも大事だとして、知らない世界の話があふれているので、現実世界の一部を知る意味で、必見です。

呪いのポケモン!野生のオーキドが現れた!!【シールド萌実】

https://www.youtube.com/watch?v=O8np_wSajPo

エイレーンがアップしたのは、エイレーンと萌実が2Dドット絵化した状態で、3Dに動く……という不思議な映像。普段二人はLive2Dイラストで活動しているだけに、この表現にはびっくり。ポケモンの世界に入り込んだかのような動画を楽しめます。2Dな3D映像、ぐいぐい動くカメラワークとテンポのいい編集でまとめられており、見応え抜群。

https://www.youtube.com/watch?v=8FAOo8z9LEc

マリオもやっています。この技術、どうやっているんだろう?? どうしてこんなに凝ったんだろう……。なんの解説も前触れもなくスタートしたので、今後シリーズ化していくのか楽しみです。

【舞スバ】 #にじホロ青空教室 【27とJK】

https://www.youtube.com/watch?v=k_GOOtn1P-M

(4月11日)

ホロライブの大空スバルとにじさんじの舞元啓介「舞スバ」というユニットを、ホロライブ夏色まつり社築「27とJK」というユニットを組んでいます。元気すぎる女子高生と振り回されてあたふたおじさん、という組み合わせだけで、どこを切り取っても面白い。
そのふたつが合流したとなると、もうてんやわんや。JK二人がおじさん二人に質問を投げかけまくり、答えていく内容なのですが、たまに際どいものがあってドギマギ。特に夏色まつりがブレーキのきかない性格なので、大空スバルすらも大慌て。

男女のコラボはだいぶ一般的になってきました。かつては非常に繊細で難しかったことを思い出します。VTuber界も変わったものです。

おじさんVTuberはそのへん、叔父と姪っ子感でいじりいじられやすいので、見ていて安心。ちょっとおじさん二人がかわいそうに見えるのも、楽しい。シリーズ化してほしいです。

【小江華あき】VRマンガ用の3Dの漫画風キャラをVroidで作ろう!

https://www.youtube.com/watch?v=RsagJoyA9Yc

(4月6日)

小江華あきは、VR空間でイラストやマンガを制作する、バーチャルクリエイター。今回はVroidを使って、モノクロマンガに使えるキャラクターを作成可能か挑戦しています。
Vroid自体はしっかり3D感の強いアバターモデル制作ツール。しかしテクスチャをペンタッチのスタイルに変えていくことで、みるみるうちにマンガのような見た目に。これがグレードアップしたら、今後コミック制作に役立つのでは!?

コマから覗くとVR空間の向こう側にマンガが見える世界を制作するなど、アイデアと技術を活かしたユニークなものも。

https://www.youtube.com/watch?v=sWN3d6QdVBo

以前はレイヤーを多層に設置できることを活かし、奥行きのある立体的なマンガも作成していました。創作の可能性がVRによって一気に広がるアイデアの詰まった配信です。

【替え歌】ロキをロート社員が本気で歌ってみた!

https://www.youtube.com/watch?v=X7h2EgbeZUk

(4月19日)

ロート製薬公式のVTuberネバセイココロ。彼女が歌ったのは、VTuber歌ってみたでも人気の「ロキ」……なのですが、彼女の現状を赤裸々に歌った替え歌になっています。
企業が作ったVTuberはじわじわ増え続けていますが、その中でもかなり早い段階からスタートしている彼女。企業の看板を背負うということは、それだけ最初から目をつけられやすくて目立つ。同時に「伸びなければいけない」というプレッシャーは尋常じゃなく高い。特に登録者数問題は、広報の仕事そのものに直結します。
「ぶっちゃけノムにもラキにも再生数負けても」の攻めまくる歌詞には、ハラハラ。同時に「やめんじゃねえぞお互いになーーー!」との叫びは、ドキッとする。
企業VTuberは、なんだかんだいって広報のコンテンツ。話題にならなくて切られる、ということは十分ありえます。そんな中でネバセイココロが「やめんじゃねえぞ!」と自分にも他の企業VTuberにも叫んでいる。彼女の魂の雄叫び、聞いてみてください。

【新人Vtuber】バーチャルつよつよ宇宙人、襲来【自己紹介】

https://www.youtube.com/watch?v=lD5xoHKUlno

(4月13日)

見た目のインパクトが強すぎる。AUAUA_Channelは人間と仲良くなるためやってきた宇宙人姉妹。らしい。にしても2つの顔がくっついたようなデザインは、今まで自由なデザインの多かったVTuberの中でもほとんどなかったものなので、非常に斬新。オープニングからシュールな世界を繰り広げています。
モデリング、編集、音楽制作までやるつよつよ宇宙人とのこと。一回目を見るだけでもその技術力の高さは一目瞭然です。
途中「ボス」なる存在が出てくるのですが、世界観的に大きな意味があるのかどうかも不明。今は二人がわいわい動いているだけで楽しいので、今後の動画を楽しみにしましょう。

【MV】シクラりわ / MOONLIGHT【オリジナル曲】

https://www.youtube.com/watch?v=VCHwenEIXqc

(4月19日)

落ち着いたバーのような空間、MOONLIGHTでシクラりわが奏でるのは、ちょっぴり大人な安らぎ感じるメロディ。歌詞にBlueTrainNightとあるので、おそらく電車を改造したお店なのでしょう。

人(?)が訪れては去っていく店内を見渡しながら、すこしセンチメンタルに「繰返す季節と変わらない想い」を心に刻み込んでいくかのような歌詞とメロディは、美しいMOONLIGHTの情景で彩られています。店内のシックな雰囲気も素敵なのですが、外に出た時の月が非常に美しい!

https://www.youtube.com/watch?v=iu0ODwTH2Zg

シクラりわは非常に丁寧なMVでオリジナル曲をアップしているVTuberです。MV以外もかなり凝った映像を制作しています。

『魔法なんかじゃない』 MV

https://www.youtube.com/watch?v=81KfENgtAdU

(4月18日)

uma、一角、あとりの男女混合三人組ちゃらんぽらん隊が、デビュー一周年にしてオリジナルソングをアップ! 疾走感あふれるJ-ROCKスタイルで、まるで学校祭のように元気に3人で歌い上げています。

ちゃらんぽらん隊は最初期から、エンタテイメント路線を走り続けてきた三人。VTuberで飛んだり跳ねたり逆立ちしたのは、ちゃらんぽらん隊が走りだったと思います。特に一年前は男女混合は非常に珍しかった。ポジティブで元気色の強い三人は、「君」を救うのは「魔法なんかじゃない」と歌います。
一年たって「やっとスタートライン」という歌詞を作る彼ららしい、エンタティナー精神が詰まった曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=WApn9XFViGo

これは一年前のものです。MVの途中で回想シーンが入っているのでそこを見てもわかりますが、今見ても身体能力とトラッキング技術はかなりすごい。

アマイシズク / somunia

https://www.youtube.com/watch?v=Aq6Z08N8AWo

(4月19日)

記憶がなく、人間かどうかもわからない、儚げな空気感が魅力のsomuniaはオリジナルソングを多く手がけています。今回もオリジナル。kawaii future base的な曲調と歌詞が、降り注ぐ雨の中ポップに駆け抜けていきます。
「冷たい手と手 傘を差したらずっと隣にいてくれるかな」や「溶けてくアイスは初恋みたいだと笑った」など、キュートで楽しそうな歌詞が印象的。雨を楽しく感じさせてくれます。
ただ「食べてあげるのに」はどう捉えればいいんだろう? somuniaの背景を知っていると、ちょっと不思議な感覚が残ります。

ホウキ雲 / RYTHEM by おめがシスターズ

https://www.youtube.com/watch?v=9Ppv1wvwHXI

(4月17日)

おめがシスターズが一周年にアップした動画、タイトルだけでおめシスファンの心臓を射抜いてきました。というのもこれ、初回に二人がアカペラで、二人でこんな風に歌いたいです、とちょっとだけ披露したものの完全版だから。ああもう一年たったのか……と感慨深い。

https://www.youtube.com/watch?v=GgHx7ljXs08

当時の画質や音質と比較するだけでも、めちゃくちゃ進歩しているのがわかります。にしてもリオちゃん声が変わりすぎていて一瞬わからない。
VTuberのデュエットユニットとしては、初の存在だったのがおめシス。リオが専業VTuberになるなど多くの変化もありましたが、デュエットVTuberとしての貫禄は今も変わらないのを、まじまじと見せつけてくれました。

【月ノ美兎】ネコミミモード/Neko mimi mode【歌ってみた】

https://www.youtube.com/watch?v=PAJJT_L55ws

(4月9日)

にじさんじの爆弾月ノ美兎が、はじめて歌ってみたをアップします!と言うのでみんなが期待をしていたところ、あがってきたのは想像を超えるものでした。さすが委員長。

歌っているのは「月詠」のOPで使われていたデミトリフロムパリ「ネコミミモード」。この時点でかつてからニコニコや2ちゃんのインターネット人生を歩んできた人はニヤリなのですが、動画が奇怪すぎる。レトロサイケデリック風の色合いに、名画オマージュ、P-MODELのMV的な構造にもクラクラ。アニメOP版の萌え感はゼロ。編曲がARuFa氏という強烈な組み合わせなのも見逃せない。

最近月ノ美兎はnoteでの落書き記録もはじめました。高校生が授業中ノートに書いた落書きが楽しめます。
春になってから配信数が増え、VTuberとしての活動の幅が多岐に渡り始めた、委員長の今後は期待大です。

【起動】Packaged歌ってみたz _Note:

https://www.youtube.com/watch?v=CV_y06VJGKA

(4月17日)

新たなバーチャルシンガーがまた一人誕生しました。名前はNote:、コロンまでが名前です。今回は初音ミクの「Packaged」を披露し、「起動」しました。デザインはイラストレーターのサラキ氏。透き通るような高音が魅力の、力強い歌声を聞かせてくれます。すでに登録者数も増えており、期待しているファンが多いのがよくわかります。
Twitterを見ると、彼女は一回の充電で一時間しか動けないとのこと。となるとまだ気が早いですが、ライブとかどうするんだろう?

【wowaka】アンノウン・マザーグース/歌ってみた【花鋏キョウ&獅子神レオナ&流石乃ルキ&流石乃ロキ】

https://www.youtube.com/watch?v=PwMZhdyZHVI

(4月13日)

花鋏キョウのチャンネルでアップされたのは、獅子神レオナルキロキの二人、4人によるwowaka「アンノウン・マザーグース」のコラボ曲。しっとりしたパートがうまい花鋏キョウ、パワフルな歌声が魅力の獅子神レオナ、普段は元気あふれる歌声を聞かせてくれるものの今回はアンニュイな歌い方で魅せてくれるルキロキ。凝りまくったMVと合わせて見応え聴き応え満点です。

wowaka氏は4月5日、急性心不全で他界しました。31歳の若さでした。4人はそこには直接触れていませんが、花鋏キョウの「ずっとカバーしたいと思っていた大好きなこの曲を、4人で歌わせて頂きました! もう少し早く聴いてもらいたかった気持ちもあるけど、届いていたらうれしいです」というコメントが心に刺さる。再生数やコメントの熱量を見ると、少なくとも視聴者には、ちゃんと届いています。
なお、今回のコラボでは他にも動画がアップされていますので、こちらも是非。

https://www.youtube.com/watch?v=sXiq3-WvvGo

https://www.youtube.com/watch?v=BszJVKvubcE

過去のおすすめ記事はこちらから:
必見!今週のおすすめVTuber


【PR】
VRでなければ伝わらないメッセージとは? 大学教授もお墨付き「避難訓練VR」


VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

連休はVRでも楽しめる 名作VRゲームの続編「バケーション・シミュレーター」配信中

2019/04/21 20:00 ゲーム・アプリ

NTTドコモが広視野角VRゴーグル発表、かつてのノートルダム大聖堂をVRで ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2019/04/21 20:00 業界動向

VTuber ライブ配信予定表

バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集