デイリーランキング

君は伝説の試合を見たか? 椎名唯華と天開司のコラボ企画「実況パワフルクズ野球」見どころ紹介

VTuber

2019/01/22 20:00

VR内で3Dモデルや世界を“作る” ツールが続々登場

ゲーム・アプリ

2019/01/22 18:30

Windows MRヘッドセットがアメリカで再びセール 最大50%OFF

Windows MR

2019/01/22 12:00

【PSVR】「エースコンバット7」のVRモード体験版が無料配信開始

ゲーム・アプリ

2019/01/21 17:08

ボイスチェンジャー「バ美声」β版配布開始!カワイイ声をより手軽につくれる

VTuber

2019/01/16 11:31

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

一体型VRヘッドセット「VIVE Focus」と海外で好評の「VIVE Pro スターターキット」日本発売

HTC NIPPON株式会社は、一体型VRヘッドセット「VIVE Focus(エクスプローラーエディション)」の国内販売を2018年10月30日(火)より開始します。価格は66,750円(税別)。ビジネス用途向けの販売となります。

また、HTC VIVEの上位機種モデルである「VIVE Pro」のセット商品「VIVE Pro スターターキット」の販売を11月上旬から、VIVE Pro関連アクセサリーの販売を10月23日より順次開始します。「VIVE Pro スターターキット」はすでに2018年春より欧米圏で発売されていましたが、好評を受けて日本での販売を開始するとのこと。

VRヘッドセット「vive focus」(エクスプローラーエディション)

一体型VRヘッドセット「VIVE Focus」は2017年12月に発売された一体型VRヘッドセットです。これまでは中国向けに販売を行っていましたが、日本でもビジネス用途向けに2018年10月30日より販売を開始します。価格は66,750円(税別)。

VIVE FocusはスマートフォンやPCを使うことなく、単体で動作する一体VRheadセットです。外部センサーを設置することなく前面についているカメラを通して位置を検出し、いわゆる位置トラッキングが可能なため、体験者はしゃがんだり、身体を前後左右に動かすことができます。プロセッサはVRに対応したクァルコム社のSnapdragon835を搭載し、モニターは3K相当の2880×1600の有機ELです。リフレッシュレートは75Hz、視野角は110度です。

【体験レポ】ついにベールを脱いだ 一体型VRヘッドセットVive Focus

【体験レポ】ついにベールを脱いだ 一体型VRヘッドセットVive Focus

MoguraVR

VIVE Focusの国内向け発売に伴い、HTC NIPPONはVIVE Focusの商用利用をサポートする「VIVE Focus用アドバンテージパック」の発売を開始します。VIVE Focus起動時に特定のアプリケーションのみを起動する「キオスクモード」や、製品保証を2年間に延長するなどのパッケージとなり、こちらの価格は16,620円(税別)です。

VIVE Focus(エクスプローラーエディション)スペック概要

本体色

ホワイト

プロセッサ

Snapdragon835

HMDトラッキング

6DoF

コントローラートラッキング

3DoF

解像度  

2880×1600(615ppi)

IPD調節

有り

リフレッシュレート

75Hz

オーディオ

内蔵スピーカー

バッテリー容量  

4000mAh

OS

英語
※後日ファームウェアアップデートにより日本語版提供予定

キオスクモード


※アドバンテージパック適用時

製品保証

1年間
※アドバンテージパック適用時は2年間

 

VIVE Proスターターキットも発売

VIVE Proは、PC向けのVRヘッドセットHTC VIVEの上位機種モデルです。解像度2880×1600(両眼換算)の有機ELパネルを搭載、3K相当の解像度を誇るほか、ヘッドホンの音質や装着時の快適性が向上しています。

今回HTC NIPPONが発売するVIVE Proスターターキットは、「VIVE Pro HMD」1つとHTC VIVE コントローラー(1.0)2つ、ベースステーション(1.0)2つの計5点から構成されるセット商品です。価格は133,000円(税別)となり、5点を個別に購入する場合や、VIVE Pro(フルセット)よりも安価で手に入れることができます(フルセット版はコントローラー・ベースステーションともに2.0)。国内の正規販売店にて11月上旬より順次販売開始を予定しています。

なお、同社は以下のVIVE Pro用アクセサリーを10月23日より順次販売開始します。

All-in-1 ケーブル(VIVE Pro用)

 

VIVE Pro用のオールインワンケーブル。VIVE Proのヘッドセットとリンクボックスを接続するために使用します。価格は6,500円(税別)。
 

DPケーブル(1メートル)

 

VIVE Pro用のDPケーブル。リンクボックス側はMini-DP、グラフィクスカード側はDPの端子となっています。価格は2,000円(税別)。

VIVEコントローラー(2018)

 VIVE Pro(フルセット)に付属しているコントローラーです。ベースステーション1.0と2.0の両方に対応しています。価格は23,130円(税別)。

ベースステーション2.0

 VIVE Pro(フルセット)に付属しているベースステーションです。 VIVE Pro(フルセット)、 VIVE Pro HMD、VIVEトラッカー(2018)、 コントローラー(2018)に対応しています。価格は16,630円(税別)。

 

リンクボックス(VIVE Pro用)

VIVE Pro用のリンクボックス。電源接続時の初期設定は電源オフです。水色のボタンで電源をオン・オフすることができます。価格は5,620円(税別)となり、年内の発売を予定しています。

(参考)HTC VIVE 公式
 

最新の一体型HMDを活用した体験イベントには出前VR

出前VRはVR体験会に必要な機材+コンテンツ+運営スタッフをフルサポート。
最新の一体型HMD「Oculus Go」「Mirage Solo」もご用意しています。

ミラティブの「エモモ」で使える「アイテムガチャ」が開始

2018/10/19 10:00 VTuber 最新ニュース一覧

米百貨店、70店舗でVR家具購入サービス導入 売上6割以上増の実績

2018/10/19 10:00 ビジネス活用事例