デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

デスクの上がゲームの世界に。Unreal Engine 4にARプラグインが登場

Epic Games社が開発、提供するゲームエンジン「Unreal Engine 4」(UE4)。2015年末、このUE4向けのAR(拡張現実)プラグインが登場し、デモ動画が公開されています。

まずは、以下の動画をご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=uqQqn7RWffE

このように、現実世界の映像を取り込み、その上に3Dキャラクターなどバーチャルなイメージを重ね合わせることが可能となっています。

Unreal Engine 4を使ってEpic Gamesが開発してきた『Couch Knights』、『Showdown』、『Bullet Train』といったデモは、VRの短い歴史を考えた上でも、驚くべきものでした。

同社はOculus Riftなどのハードウェアに対し、Unreal Engine 4のマルチプラットフォーム性やVRへの拡張性を繰り返しアピールしてきましたが、今回の発表はどう受け止められるのでしょうか。

image201601020202061

同プラグインは、オープンソースのARライブラリ「AR TOOLKIT」をベースに開発されており、公式サイトでは以下のようにコメントしています。
「シームレス、かつ、容易にマルチプラットフォームのAR(拡張現実)を作成できるように設計しています。簡単に言えば、現実から映像を取得して、マーカー機能を使い、画面から飛び出すキャラクターやオブジェクトを重ね合わせて描写する、UE4はこういった機能を提供します。」

上記、ARプラグインのデモ動画は、以前より発表されていたデモ動画「Matinee Fight Scene」の戦闘シーンをAR化したもの。

https://www.youtube.com/watch?v=EO0k92iVMjE

両動画を比較する事で、ARプラグインの機能をより理解する事が出来るかも知れません。

「VRの次の波」とのイメージも強いARですが、VRの最前線を走り、なおかつVRのコンテンツ制作を支えている米Epic GamesではARへの取組が始まっています。今後、VRと同じようにUE4製のARのコンテンツ制作も広がっていくことに期待です。

(参考)
Unreal Engine AR Plugin Makes Your Office Desk a Gameworld(英語)
http://www.roadtovr.com/unreal-engine-ar-plugin-makes-your-office-desk-a-gameworld/

※米Road to VRとMogura VRはパートナーシップメディアです



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


CESでは、HTC Viveを使ったデモがIntel、20世紀Fox、Audiなど各企業ブースでも登場予定

2016/01/02 19:28 イベント情報

HTC Vive、アメリカ国内での使用に向けFCC(米連邦通信委員会)の認証取得へ

2016/01/02 19:28 HTC VIVE シリーズ 最新情報
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集