デイリーランキング

VR触覚デバイスのexiiiが解散……製造業向け狙うも「牽引力足りず」

業界動向

2020/10/29 18:00

シンガポール発の新VRデバイス「DecaGear」多機能・高解像度で低価格、しかし疑問視する声も

業界動向

2020/10/27 12:01

JVCケンウッドが「現実も見れる新型HMD」を開発中、シミュレーション関連に照準

業界動向

2020/10/29 12:10

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

テック

2020/10/28 19:30

ガラス大手のコーニングが提携、次世代ARデバイスに向け一歩

業界動向

2020/10/28 18:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

東京都が5G活用のスタートアップ支援、VR/ARも対象に

東京都は、5G通信を活用したイノベーションの創出や新たなビジネスの確立を促進するため、5G技術活用型開発等促進事業を実施します。

すでに本事業において東京都と協働する事業者(開発プロモーター)3者が決定しており、5G技術を活用したスタートアップ企業等への支援を開始します。支援スタートアップの想定分野には、VR/ARも含まれています。

東京都と開発プロモーターが開発・技術面でサポート

本事業では、東京都と協働して支援を行う事業者を開発プロモーターとし、スタートアップ企業に対し多角的な支援を行います。開発プロモーターは東京都、通信事業者等と連携・協働を図り、3年間にわたりスタートアップ企業等の開発・事業化や資金的、技術的な側面からのサポート、マッチング支援等ネットワーク面の支援を行います。

東京都と開発プロモーターは、事業の主旨に沿って行った取組の成果に対して、成果報酬型の協定金を支払います。開発プロモーターが設定するKPIの達成状況及び事業全体の成果をKPI評価委員会において評価し、その評価に連動して協定金の支払額が変わります。協定金は、初年度8,000万円、次年度以降1億1,000万円を上限とします。

開発プロモーターは以下の3者です。

株式会社クリーク・アンド・リバー社

・事業テーマ
「事業を加速する空間」を梃子にした5G関連スタートアップの量産

・支援スタートアップの想定分野例
VR/AR、大容量映像伝送システム、自動運転関連等

TIS株式会社

・事業テーマ
5G関連スタートアップが革新的な製品・サービスを持続的に創出するプラットフォームの形成

・支援スタートアップの想定分野例
スマートストア(VR空間でのショッピング)、AI画像解析、5Gセキュリティ等

プロトスター株式会社

・事業テーマ
“新しい日常”を加速させる5G技術関連の新市場が継続的に生まれるエコシステムの構築(重点テーマ:「エンタメ」、「ヘルスケア」、「ワークスタイル」)

・支援スタートアップの想定分野例
VR/ARを用いた医療コミュニケーション、企業研修等

(参考)東京都


「XR Kaigi 2020」でスタートアップによるピッチイベント開催、参加企業を募集中

2020/10/09 12:30 セミナー

VR“鷹狩”アクションADV「Falcon Age」PCVR版がSteamで発売

2020/10/09 12:30 ゲーム・アプリ