デイリーランキング

グーグル、ARCoreの新機能「Depth API」発表。スマホのカメラだけで空間情報を取得

テック

2019/12/11 19:00

Oculus Quest、ハンドトラッキングが今週中に実装

Oculus Quest

2019/12/10 18:09

LogitechのVR専用ペン「VR Ink」予約開始、価格は750ドル

テック

2019/12/12 12:30

中国スマホメーカーのOPPO、ARヘッドセットを発表 2020年初頭発売へ

業界動向

2019/12/12 19:30

インテル、新型デプスカメラ「RealSense LiDAR L515」発表

テック

2019/12/13 12:45

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Steamで配信されているVRゲームの営利利用が可能に ライセンスモデルが発表

Valveは、インターネットカフェなど自宅外でのVR体験を実施する企業向けに、新たなサイトライセンスモデルを発表しました。

Steam VR

ネットカフェや博物館など様々な場所で

VRのクオリティは今も加速的に成長していますが、高品質な体験をするにはどうしても費用が高い、十分な場所が確保できないといった壁があります。

そうした個人では買えない層にとって、インターネットカフェでの手軽なVR体験は一つの選択肢になるでしょう。

今回Valveが発表したサイトライセンスモデルは、HTC Viveを含むSteamのあらゆるコンテンツを公共の場で利用可能にするもの。

アーケード施設だけでなく博物館、ポップアップストア、そしてネットカフェなど、「考えうるすべての場所」での利用を含むとValveは述べています。

HTCと足並みを揃えてVR体験施設を推進

このライセンスでは、利用者には営利利用が許可され、またValveが「Free Site Subscriptions List」に上げる『The Lab』や『Portal Stories: VR』といったフリートゥプレイのコンテンツも展示することができます。

Vive VRカフェ」や「Viveland」など、HTCも今まで様々なアーケードVRに力を入れてきました。

ValveとHTCは、足並みをそろえてVR施設の展開を推進していることがうかがえます。今回の新ライセンスで、より多くの企業が「外出先でのVR体験」を広げ、多くの人に触れる機会が増えると期待できます。

(参考)
Road to VR / Valve Move to Kickstart the VR Cybercafé with New SteamVR Licensing Model(英語)

Valve Move to Kickstart the VR Cybercafé with New SteamVR Licensing Model

※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。



【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

年内にFacebookでGear VRから実況する公式機能がリリース予定

2016/11/07 11:00 Gear VR

【VRビジネス導入事例】VRを活用した消費者・個人向け新サービスまとめ

2016/11/07 11:00 活用事例

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集