デイリーランキング

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

ブラウザでのAR、VRに影響 iOS12.2でセキュリティが強化

開発

2019/02/14 12:00

悪夢の克服にVRが効果的 調査結果が発表される

ビジネス活用事例

2019/02/14 11:30

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

マイクロソフトが小型ARデバイス特許公開、Oculus Riftアップグレード版登場か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/12 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Photoshopで360度静止画の編集をカンタンに行う方法

普通の写真とは違い、その空間自体を切り取ってしまう360度カメラ。その知名度も上がり、だんだんと身近になってきた印象です。今回紹介するのは、写真編集等で業界標準となっているAdobe Photoshop が、2017年10月のアップデートによってパノラマ編集が可能になったこと。

では、実際に使って見ましょう。

写真の読み込みを今までと同じように行います。筆者(Mac)はFinderから360度カメラで撮影した画像をドロップ。

読み込みが終わると、展開された画像が表示されます。ここまでは、以前のバージョンと同じです。

上部のメニューから、3D → 球パノラマ →  選択したレイヤーから新規パノラマレイヤーを作成をクリックします。

これにより、すぐに3Dパノラマビューを表示させることができます。

視野角(FOV)の調整も可能です。

60度(水平方向)

170度(水平方向)

3Dペイントで360度画像の中に絵を描くことも可能になりました。

編集した画像の書き出しは、「3D/球パノラマ/パノラマ」を書き出しで行うことができます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(参考)
Adobe公式
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/create-panoramic-images-photomerge.html


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

VRアイドル「Hop Step Sing!」の360度ライブ 全国ネカフェにて配信

2017/11/23 11:30 ゲーム・アプリ

【PCレビュー】VR対応超小型・超軽量デスクトップPC『NEXTGEAR-C ic100BA1-SP』

2017/11/23 11:30 テック