デイリーランキング

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降

PSVR

2019/04/18 11:30

見た目はリアルなバーチャルインフルエンサー、日本発も増加

VTuber

2019/04/18 18:15

NTTドコモ、スマホ向けの広視野角VRゴーグルを開発 「軽量かつ安価に製造可能」

テック

2019/04/17 17:04

日本初の超高精細VRデバイス展示も行われた「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」レポート

活用事例

2019/04/17 18:00

大塚家具が「店内をVRで歩ける」バーチャルショールーム公開

活用事例

2019/04/19 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Acer、改良型Windows MRヘッドセット「OJO 500」発表 デザイン一新でヘッドホンが一体に

Acerは、ドイツ・ベルリンで開催中のIFAにて、新たなVRヘッドセットを発表しました。Windows Mixed Realtyに対応しているこのヘッドセットは「OJO 500」という名称です。

Acerは2017年10月に同じWindows Mixed Realty向けのヘッドセット「AH 101」を発売しました。今回のOJO 500はその改良版となります。両眼で2,880×1,440の液晶パネルを使用している点、リフレッシュレート90Hzなどのディスプレイ周りの性能はAH101と同様です。また、公称の視野角は95度から100度と広くなりました。

スペック以外の部分での改善点が多くなっており、特に装着時の快適性を高めたり、各パーツが着脱可能になり掃除など手入れをしやすくなっている、とのこと。また、特許を取得したサウンドパイプを採用したヘッドホンが一体になり、マイクも内蔵しています。

ヘッドセットそのもののデザインも一新されました。


(着脱可能になったことでレンズの掃除がしやすくなった)

また、個々人が快適で最適なVR体験をするため、「瞳孔間距離」の調整機構も備わっています。

Windows Mixed Realtyヘッドセット(MRヘッドセット)の特徴である、フロントカメラを使用した位置トラッキングと手のハンドトラッキングが可能です。Oculus RiftやHTC Viveとは異なり、外部センサーの設置は必要ありません。

https://www.youtube.com/watch?v=7PDxDbnbnaE

OJO 500は、北米及びヨーロッパで11月に販売開始とのこと。価格は北米で399ドル、ヨーロッパで499ユーロとのことですがいずれもコントローラーを含まない価格です。コントローラーはオプションでの販売とのこと、価格は不明です。

日本での発売については記事執筆時点で不明です。

マイクロソフト「Windows MR(MRヘッドセット)」徹底解説

(参考)VRFocus




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

街中でスマホを構えて対戦 ARシューティングゲーム10月配信へ

2018/08/29 19:50 AR/MR

バーチャルアイドルユニット「ぴぐまりおん。」デビュー ENTUMなど運営のDUOがサポート

2018/08/29 19:50 VTuber 最新ニュース一覧