デイリーランキング

描いた絵が動き出すアプリ「らくがきAR」SNSで話題に

ゲーム・アプリ

2020/08/04 15:11

【ポケモンGO】ポケコインの入手テスト オーストラリア以外でもスタート

ポケモンGO

2020/08/06 11:00

【ドラクエウォーク】スマートウォーク第7回公開 新イベント情報発表

ドラクエウォーク

2020/08/05 16:32

ファンは絶対行くべき!「ポケモンバーチャルフェスト」をVRで先行体験

イベント情報

2020/08/05 13:03

米津玄師「フォートナイト」バーチャルライブを見るには? 参加方法紹介

ゲーム・アプリ

2020/08/05 20:38

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

さながらメガネ型Magic Leap? わずか85gのARグラス「NrealLight」

中国Nreal Ltd.は、アメリカ・ラスベガスにて開催されているエレクトロニクス展示会「CES2019」にてメガネ型MRグラス「NrealLight」を発表しました。neralはAR/MRデバイス企業Magic Leap(マジックリープ)の元エンジニアらが共同設立した企業です。本デバイスは本体がおよそ85gというその軽量性、メガネ型のMRグラスとしては広めの視野角(52°)などから話題となっています。

NrealLightは、その名前が示すとおり「軽量」なMRグラスを目指して設計されています。本体に搭載された4基のカメラにより空間認識を行い、動き回っても空間に表示されたオブジェクトが固定されたように見える、6DoFのトラッキングが可能です。操作にはボタン型のシンプルなコントローラー(ジャイロセンサーを搭載し、回転のみ反映)を使用します。

これまでに発売されたAR/MRグラスのうち、Magic Leap Oneはメガネ部分(Lightwear)が325gとなっていましたが、「NrealLight」は約85gと非常に軽いことが特徴です。ただし、NrealLightはMagic Leap Oneと同じく、バッテリーやプロセッサを搭載した処理部分は外付けとなっています——つまりこのメガネ部分だけではMR体験ができません。

プロセッサにはSnapdragon 845を搭載しており、2,3時間の連続駆動時間を実現しています。外付けのユニットがMagic Leap Oneと比べて非常に小型・軽量な点もポイントです。


(NrealLight(左)と外付けユニット(右)。外付けユニットも小型・軽量だ)

視野角は52°とMagic Leap OneやHoloLensよりも広く、また体験したMogura VR Newsの記者によれば「発色・輝度ともに非常に良い」とのこと。ディスプレイ解像度はそれぞれ1080pほど。

NrealLightは物体認識やHDの空間音響、およびSLAMを利用した平面認識にも対応しています。記者によれば「認識の精度はARkit以上に高いレベルで実現しているものの、Magic Leap OneやHoloLensほど現実空間にピッタリと固定されているようには見えず、体験の質は劣る」とのこと。CESで展示されたバージョンでは水平面の認識のみ搭載しており、Nrealの担当者は「今後、精度の向上と合わせて垂直面の認識も搭載したい」と語りました。

発売時期は2019年の2Qから3Qを想定

発売時期と価格について、Nrealは「このデバイスを2019年第2四半期から第3四半期に、1,000ドル以下で提供したいと考えている」と回答。同社はおよそ1500万ドル(約16億円)の資金調達を行ったことも明らかにしており、開発および商品展開は加速する見通しです。

(参考)VentureBeat


VRでリアルな電車の運転シミュレーション PCVR向けに配信へ

2019/01/09 20:30 ゲーム・アプリ

キズナアイが巨大化!? ARゲーム「テクテクテクテク」とVTuberがコラボ、ミライアカリやシロも順次参戦

2019/01/09 20:30 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集