デイリーランキング

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年3月版)

Oculus Quest

2019/03/24 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(3月15日~3月22日)

VTuber

2019/03/24 19:00

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

日本発ARスポーツ「HADO」ブランドイメージ刷新、目指すは全世界

ARスポーツ「HADO」を展開する株式会社meleapは、2018年9月1日よりHADOのロゴイメージを刷新し、新サービスロゴやキービジュアル、プロモーションビデオを公開しました。meleapは今回のイメージ刷新に関し、「『HADO』をゲームよりもスポーツとしてのイメージを強め、ビジネスとして日本そして世界中に展開していく」としています。

(新ロゴ。波動エネルギーが前に進む圧力、推進力を表すとのこと)

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題のAR技術を使ったスポーツです。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合います。HADOは世界16ヶ国26箇所に店舗を展開、延べ80万人以上が体験しています。(2018年9月時点)

https://www.youtube.com/watch?v=REBPXwx24kA

新プロモーションビデオでは、アリーナで多数の観客に囲まれながら、プレイヤーがスポーツウェアに身を包んでHADOをプレイする様子が映しだされています。試合は会場だけでなく、世界中の人々がリアルタイムで試合を観戦しています。

meleapの担当者によれば、「これまでのHADOに対する印象は“ゲーム”という認識を持たれることが多かったのですが、今後は“スポーツ”をメイン、加えて“テクノロジー”として展開していきます」とのこと。また、「(PVにあるような会場において)現場の観客は特殊なメガネで試合を鑑賞します。鑑賞するだけではなく、選手たちのエネルギーボールが場外へ飛ぶ際は、エネルギーボールが目の前に飛んでくるようなエフェクト・臨場感を観客も体験できる」とコメントしました。


(HADOの新キービジュアル)

UIは白黒をベース、まずは4つの地域へ展開へ

meleapは、ロゴやプロモーション以外にも年内のサービス刷新を予定しています。「UIの刷新」については、スポーツ+テクノロジーの要素を強めていくとしており、色は白と黒ベースのシンプルなUIにしていくとのことです。

今後の「HADO」の展開について担当者に伺ったところ、「日本、アジア、アメリカ、ヨーロッパの4つの地域に広げつつ、全世界への展開を狙っている」と話しています。ステップとしては、日本での成功事例を作り、同時にアジアでパートナー開拓をしながら、アジアでの成功事例も作っていくとしています。

(参考)株式会社meleap プレスリリース

VRプラットフォーム「cluster」にギフティング追加 月ノ美兎・ヒメヒナなど出演の「バーチャルハロウィン」から利用可能

2018/10/01 16:15 テック

TBS NEWSが「いらすとや」VTuberキャスターを起用

2018/10/01 16:15 VTuber 最新ニュース一覧