デイリーランキング

個人向けの裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass Portrait」発表、199ドルから購入できるキャンペーンも

業界動向

2020/12/03 00:00

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に

業界動向

2020/12/01 23:00

VR安全教育サービス、Oculus Quest対応で導入コストが4分の1に

活用事例

2020/12/03 12:30

開発者と一緒に、XRの世界を広げたい――Magic Leap 1越しに見る、NTTドコモのXR戦略

業界動向

2020/12/02 12:00 Sponsored

韓国スタートアップLetsee、ARソリューションを全世界向けに提供開始

テック

2020/12/02 12:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

かつてFoursquareと争った位置情報SNS「Gowalla」、ソーシャルARアプリとして復活

位置情報を活用したSNS「Gowalla」が、ARを活用したソーシャルアプリとして再始動します。「Gowalla」は同じく位置情報を利用するSNS「Foursquare」と同時期にサービスをスタートし、当時は大きく注目を集めましたが、競合に敗れる形で2012年にサービスが終了しました。なお、当時の開発チームはフェイスブックに買収される形で移籍しています。

ARは位置情報サービスに新たな風を吹き込めるか

「Gowalla」“復活”の情報は、同SNSの創業者Josh Williams氏が、米メディアTechCrunchにコメントする形で明らかになりました。新「Gowalla」はWilliams氏とBobby Goodlatte氏が運営する、小規模なベンチャーキャピタル内でインキュベートされていたとのこと。

また「ストリートチーム」と呼ばれる有償テスターが存在し、49ドル(約5100円)を支払うことで、同アプリへの早期アクセスが可能となるほか、VIPメンバーとして専用のDiscordグループに参加できます。ストリートチーム向けアプリは、2020年12月に配信される予定です。

2020年10月現在、新たな「Gowalla」の詳細は不明ですが、ゲーム要素のあるソーシャルアプリに近いとのこと。Williams氏は「ボスやミッションやレベルが存在するゲームではありませんが、このアプリは体験をもたらすものです」と、新プラットフォームの内容についてコメントしています。

新たな「Gowalla」は、2021年の前半に「複数の街で利用可能」になるとのこと。参加登録も受付中です。

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表 | Mogura VR

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」、登壇者とセッション内容が追加発表 | Mogura VR

MoguraVR

ARエフェクトアプリ「Effectron」iPhone 12 Pro/MAX向けにリリース | Mogura VR

ARエフェクトアプリ「Effectron」iPhone 12 Pro/MAX向けにリリース | Mogura VR

MoguraVR

(参考)TechCrunch


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

【ポケモンGO】11月のイベント詳細発表。「冠の雪原」記念イベント開催中

2020/10/23 19:30 ポケモンGO

ホロライブ 全体2ndライブ「hololive 2nd fes. Beyond the Stage Supported By Bushiroad」開催決定

2020/10/23 19:30 ホロライブ