ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.02.24

グーグル、スマホ向けAR本格展開スタート 対象は全世界1億台から Xperiaも対応視野

グーグルは2月23日、スマートフォン向けのAR機能「ARCore」を公開しました。対応するAndroidスマートフォンで本格的なARが体験できるようになります。スマートフォン向けのARについてはすでにアップルがiOS向けに「ARKit」を提供しています。

スマートフォンARの分野は積極的な投資も進んでおり、今後さらに加速すると考えられます。

プレビュー版から実装へ

ARCoreは、2017年8月にスマートフォン向けのAR機能として発表されました。すでに発表時点で先行していたアップルのARKitと同様に、専用端末を購入することなくスマートフォンで本格的なARが体験できるようになる機能です。

http://www.moguravr.com/arcore-announcement/

発表以降、開発者向けのプレビュー版が配信されていましたが、今回一般向けの公開が行われることが発表されました。今後、Android向けのGoogle Play Storeでは、ARCore対応のアプリの配信が可能となります。

https://www.youtube.com/watch?v=ttdPqly4OF8

開発者向けの機能もより手軽にARアプリが作成できるように強化された、とのこと。

対応スマートフォンは13機種1億台超、さらに多くのメーカーが参加予定

ARCoreの発表時は、5機種程度に留まっていたARCoreですが、公開に合わせて対応スマートフォンが大幅に増え、13機種となりました。これは全世界で1億台超のスマートフォンが対応することを意味します。

対応しているのは以下の機種です。

・Galaxy S8、S8+、Note8、S7 edge、S7(S7は国内未発売)
・LG V30、V30+
・ASUS Zenfone AR
・Google Pixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL(いずれも国内未発売)
・OnePlus’s OnePlus 5(日本では正式販売なし)

Androidは多くのメーカーから機種が登場していることが特徴的ですが、グーグルによると
さらに多くのメーカーとARCoreへの対応についてパートナーシップを結んでいるとのこと。公表されているメーカーの中には、日本でAndroidで最大のシェアを誇るXperiaシリーズのソニーモバイルなどが含まれています。中国メーカーのXiaomi(小米、シャオミ)なども含まれており、グーグルは中国でもARCoreの展開を目指しています。

・サムスン
・ファーウェイ
・LGE
・Motorola
・ASUS
・Xiaomi
・HMD/Nokia
・ZTE
・ソニーモバイル
・Vivo

ゴーストバスターズなどのコンテンツも今後登場

グーグルによると、今後ストアには様々なARアプリが登場するとのこと。いくつかの肝いりのコンテンツを紹介しています。

SNSアプリのSnapchatには、ARCoreを使い、バルサで知られるスペインのサッカーチーム・FCバルセロナのホームスタジアム、カンプ・ノウが目の前に広がる機能が実装されます。

他にも、家具や自動車などをARで展開できるアプリが登場することが予告されました。

エンターテイメント向けには、映画『ゴーストバスターズ』の公式ARアプリ『Ghostbusters World』が発表されました。映画さながらに現実空間に出現する幽霊たちを退治していくゲームです。

https://www.youtube.com/watch?v=shVdrmdLmyo

スマートフォン向けのARに関しては、先行するアップルに後塵を拝しています。アップルはすでにARKitをiOSに組み込むことで、対応機種(iPhone、iPad)はすでに数億台に達し、機能拡張を進めています。AndroidはiOSに比べ多種多様な機種が存在するため、対応機種をいかに増やしていくことができるかが、展開の鍵となります。

現実認識はグーグルが一歩リードか

ARCore以外にも、グーグルは「現実認識」機能、Google Lensについても発表を行いました。一部機種で実装されている機能で、スマートフォンのカメラで撮影された写真から様々な情報を読み込み、画像検索結果やWi-Fi接続、メールアドレス読み取りなどを行う、利便性の高い機能として期待されています。

ARCoreの公開と合わせて、Google Lensも対応機種が各社のフラッグシップモデルに拡大することが発表されました。

2017年から急激に機運の高まり始めたスマートフォンAR。目が離せない展開が続きそうです。

(参考)Google公式Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

すんくぼ(久保田 瞬)

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

Twitter:@tyranusii

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース