Home » Mozillaが一体型VR/ARヘッドセット向けブラウザを発表


テック 2018.04.04

Mozillaが一体型VR/ARヘッドセット向けブラウザを発表

Webブラウザ「FireFox」を開発するMozilla(モジラ)は、オープンソースのWebブラウザ「Firefox Reality」を発表しました。Firefox Realityは一体型VRヘッドセットを含む「多くの種類の(VR/AR向け)デバイスやプラットフォーム」に対応する専用Webブラウザです。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

Web上でVR/ARを提供

Mozillaはこれまでも、Web上で高品質なVR・ARを提供する「WebVR/AR」の開発を進めてきました。

VR/ARコンテンツを体験する際にはヘッドセットを装着してアプリを立ち上げる必要がありますが、異なるヘッドセットで同じアプリケーションを動作させることはできません。これに加え、開発したアプリケーションを配布するためには専用ストアへの登録が必要となるなど、いくつかのハードルがあります。

しかし、WebVR/ARではコンテンツの配布から起動まですべてをWebブラウザ内で行うため、デバイスごとの互換性やストア登録による制約がありません。これにより、VR/ARの普及を加速することが期待されています。

Firefox Realityは一体型(スタンドアロン型)VR/ARヘッドセット向けに設計されており、Vive Focus、Gear VR、Google Daydreamで動作する初期版のソースコードがGitHub上で公開されています。

(参考) Road to VRMozilla公式

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード