デイリーランキング

AR/VR・メタバース分野に日本企業が存在感を発揮するには?政投銀がレポートを公開

業界動向

2021/12/02 12:30

遊園地のバンパーカー×VRアトラクション、好調でグローバル展開

業界動向

2021/12/02 12:00

HoloLens 2を活用した印刷機をリモートで保守 日本HPがサービス開始

活用事例

2021/12/03 11:30

屋内ARナビゲーションのDent Reality、約3.8億円の資金調達

投資

2021/12/03 12:00

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.12

メタバース

2021/12/01 11:44

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

1つのセンサーで筋肉の動きまで認識 フェイスブックが披露した全身トラッキング技術

フェイスブックはサンノゼで開催された年次開発者会議F8で、最新の研究成果を発表しました。

AR/VR関連の研究開発プロジェクトの一つに、現実さながらのアバターを再現しようとするプロジェクトがあります。ARやVRでのコミュニケーションにおいて、より現実味のあるアバターにすることで各個人の個性が表現できるとして数年前から研究が進められています。

これまではフォトリアルな表情など顔に関する成果が中心でしたが、今回は全身の動きのトラッキングについての発表が行われました。

多くの全身トラッキングシステムでは、人間の骨格と骨の動きを読み取り身体の動きを再現していますがフェイスブックが開発中のシステムでは骨に加えて筋肉の動きの再現を試みています。たった1つのセンサーでマーカーなどを使わずに認識しているとのこと。

動いたときの服のシワなどを再現する技術も研究中とのこと。


(分かりづらいが、身体の激しい動きに合わせて服が動いている)

また、最終的に実現したい姿として、VRヘッドセットを装着した2人がVRでサッカーをして遊ぶ様子を披露しました。これは、2人の人間の全身の動きをマーカーとセンサーでトラッキングしています。(米メディアUploadVRによればOptitrackを使用しているとのこと)非常に低遅延で高精度なトラッキングが実現しています。

最終的にはマーカーを使わずに手軽に、低遅延で精度の高いモーショントラッキングが実現することが望ましいですが、現在はまだ研究開発の途上です。こうした研究開発がいつ頃、どのように実装されるか、フェイスブックは「何千マイルも離れた人とまるで現実に一緒にいられるようになることがAR/VRの未来」と語っています。

(参考)UploadVR


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

双子VTuberおめがシスターズ、最新VRデバイス「Oculus Quest」の特徴を動画で紹介

2019/05/02 19:45 VTuber 最新ニュース一覧

【GW特集】連休はVRゲームで遊ぼう!オススメ作品9選

2019/05/02 19:45 ゲーム・アプリ