デイリーランキング

月ノ美兎がnoteへの投稿を開始。授業ノートに添えられた落書きイラストを掲載

VTuber

2019/04/17 18:30

「ゼルダBotW」VRモードの最新情報が発表。VRのON/OFFはいつでも切り替え可能に

ゲーム・アプリ

2019/04/16 15:57

日本発のVRゲーム「東京クロノス」、Oculus公式が“必見”認定 日本ファンの熱量が後押し

ゲーム・アプリ

2019/04/18 17:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/02/10 11:30

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降

PSVR

2019/04/18 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

「宙に浮かぶキッチンタイマー」が話題、アップルのAR機能を活用

アップルの最新ARプラットフォーム「ARKit2.0」。今年秋に予定されている一般向けリリースに先駆け、ネット上では様々なアプリ開発者がAR(拡張現実)アプリを公開し、話題を集めています。

開発者Morten Just氏が手掛けたのは、ARKitで空中に浮かぶキッチンタイマー(ストップウォッチ)です。机に並ぶ食べ物やグラス、調理台の鍋やフライパンの近くにデジタル時計が浮かび、秒単位で時間の経過を表示します。表示される時間は一律でなく、スタート時間ごとに異なります。

これを使えば、例えば調理中に「10分間弱火で煮る」といった作業を、鍋のすぐそばにタイマーを浮かべながら進められます。並行して料理する時も、物理的なキッチンタイマーを複数使って管理する必要はありません。また、パーティー会場でワインを開栓してからどれくらい時間が経ったか、料理を並べてから何分経ったか、といった鮮度の確認などにも役立ちそうです。

Just氏によれば、現時点ではタイマーが対象をトラッキングする機能はなく、空間に固定されているとのこと。ツイッターでは(残り時間が減っていく)タイマー機能や、レシピの掲載機能を期待する声もあり、応用が興味深いアプリです。

ARKit2.0の活用事例としては、次のようなアプリも紹介しています。

将来はこれが当たり前? 11歳の開発者が作った"ARショッピング"が話題

将来はこれが当たり前? 11歳の開発者が作った"ARショッピング"が話題

MoguraVR

空中に情報浮かぶ「未来の名刺」が話題に、アップルのARKit活用

空中に情報浮かぶ「未来の名刺」が話題に、アップルのARKit活用

MoguraVR

(参考)Twitter




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

日ハムとコラボしたVR野球コンテンツ登場、札幌ドームでバッティング対決

2018/07/20 19:30 ゲーム・アプリ

【第1回 VTuberサミット:前編】VTuber事業は『レディプレ』的仮想世界へダイブする準備

2018/07/20 19:30 VTuber 最新ニュース一覧