デイリーランキング

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

VRストリーミング配信のNextVR、従業員の大規模なレイオフへ

業界動向

2019/01/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

空中に情報浮かぶ「未来の名刺」が話題に、アップルのARKit活用

アップルのARプラットフォーム「ARKit」のアップデート「ARKit2.0」では、AR関連の機能がより強化されています。例えばイメージの認識とトラッキングのサポートが拡大し、商品パッケージやおもちゃ等の物体を認識できるようになりました。また、現実世界をARオブジェクトに自動的に反映できる機能が追加されています。仮想と現実が融合され、AR体験がいっそうリアルになります。

この「ARKit2.0」を使ったAR名刺のデモがツイッターで発表され、話題になっています。

AR名刺を開発したのはフランス在住のiOS & ARKitデベロッパー、Oscar Falmer氏です。Falmer氏はツイートを空中に出現させるアプリとして話題となった「TweetReality」の開発を手がけています。

『TweetReality』ツイートが空中に出現する不思議なARアプリ

『TweetReality』ツイートが空中に出現する不思議なARアプリ

MoguraVR

今回、Falmer氏は自身のツイッターで、AR名刺のコンセプト動画を紹介しています。Falmer氏が自身の名刺を取り出し、iPhone Xのカメラで認識すると、その横に顔写真や動画、連絡先へのリンクボタンがARで出現。更に同氏のウェブサイトらしき画面も展開されています。この動画は実際に使用したiPhone Xの画面録画機能で作成されています。

Falmer氏はAR名刺を「ARKit2.0のイメージトラッキングを使って開発した」と話しています。現在はまだ一般公開されていませんが、このようなAR名刺を簡単に使えるようになれば、未来の名刺交換は今よりもずいぶんと面白くなりそうです。

アップルのARKit2.0に関する記事はこちらです。

iOS12のAR機能「ARKit 2.0」の新機能とは? 何ができるのか紹介

iOS12のAR機能「ARKit 2.0」の新機能とは? 何ができるのか紹介

MoguraVR

(参考)Twitter

注目のトレンドはこれだ! シリコンバレーVR/ARニュース5月号

2018/06/27 13:00 業界動向

VRモード搭載の「ラブプラス」新作、配信時期が今年8月に決定!

2018/06/27 13:00 スマホVR