デイリーランキング

VR/AR対応スーツ型デバイスが国内展開、Valveが無線VRヘッドセット開発中か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/08/11 08:00

自宅から150年の歴史を見る。KDDIが「バーチャルミュージアム」公開

活用事例

2020/08/11 11:30

VR/AR対応 全身体感のスーツ型デバイス「TESLASUIT」国内取り扱い開始

テック

2020/08/04 18:30

iPad Proで測量時間を短縮、建設・土木現場向けアプリが提供開始

活用事例

2020/08/07 19:30

ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

活用事例

2020/08/07 20:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

美少女に変身!誰でもバーチャルキャラになれる配信システムが登場

VR/ARの企画・開発・コンサルティングを行う株式会社エクシヴィ(代表取締役:近藤義仁/GOROman)は、大がかりな機材やモーションキャプチャースタジオを必要とせず、3DCGキャラクターでの配信ができるシステム「AniCast」を開発しました。

同システムは、配信サービス「SHOWROOM」を運営するSHOWROOM株式会社と、株式会社シーエスレポーターズのアニメ VR/ARブランド「Gugenka」が手掛ける「バーチャル SHOWROOMER 東雲めぐ」プロジェクトに採用されています。

https://www.youtube.com/watch?v=Ef-en9Z3I6g

「AniCast」は、VRデバイス「Oculus Rift」コントローラーである「Touch」を使用し、3DCGキャラクターになりきってリアルタイムなコミュニケーションが可能な配信システムです。

また、SHOWROOMの配信者へ贈り物ができる「ギフティング」に連動した「バーチャルギフティング」も可能とのこと。

同プロジェクトでは、2018年1月24日より「東雲めぐ」の声を演じるキャストを募集するオーディションの受付をオーディション公式サイトにて開始しています。

3DバーチャルSHOWROOMER体験動画

https://www.youtube.com/watch?v=vx8xs7ffmVg

歌手を夢見る少女「東雲めぐ」

東雲めぐは、Gugenkaが2018年にYouTube、SHOWROOMなどで配信する3DCGアニメーション『うたっておんぷっコ♪』の主人公キャラクターです。彼女はカラオケとかわいいものが大好きな歌手を夢見る中学3年生。

本作の物語は、ある日、東雲めぐはドレミ族の「トオン」から、「おんぷっ子♪」に変身して、みんなを困らせる「おんち」を歌で浄化してほしいとお願いされることになります。天真爛漫でちょっぴり天然な東雲めぐと、彼女を支えるトオンが描かれる女児向け番組とのことです。

配信イメージ

オーディションの概要

主催

SHOWROOM株式会社

応募条件

公式サイト参照

選考方法

SHOWROOMのラジオ配信(最終審査はトーク力、歌唱力、アフレコ実技)

応募期間

随時受付中

イベント期間

2018年2月1日(木)18:00 ~ 2月10日(土)21:59

最終審査

2018年2月14日

オーディション公式サイト

https://www.showroom-live.com/event/virtual_showroomer

© Gugenka® from CS-REPORTERS.INC


【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

電通ライブら、AR音響システムを『ファイナルファンタジー』記念展に導入

2018/01/24 15:00 活用事例

NHK、旅番組の“舞台裏”を360度動画で公開

2018/01/24 15:00 VR動画