Youtube、全動画をVR内の大画面で視聴可能に。奥行きのあるVR向け動画の再生にも対応

Youtubeは既に360度動画のアップロード、再生に対応していますが、今回、Android版のアプリで2つの機能が追加されました。

1つ目は、VR動画に対応したこと。360度動画をVRモードで再生する時と同様に、VR動画を視聴中に右下のゴーグルのアイコンをタップするとVRモードになります。

JUMP_WT_660_WHT

VR動画は360度動画の中でも、VRで視聴することを意識して作られたものです。その大きな違いは「奥行き」の再現。通常の360度カメラで撮影された360度動画はには立体的な奥行きがないため、レンズの2つあるVRデバイスで立体的に楽しもうとしても、違和感が生じます。VRでよりそこにいる実在感を高めるためには、ステレオカメラなど複数のレンズを持つカメラを使用した撮影を行います。Youtubeは今回こうしたVR動画のアップロード、再生に対応したことになります。

GoogleはVR動画を再生リストにまとめています。

2つ目は、Youtube内の全ての動画のVR対応です。VR動画をはじめとする360度動画は、ブラウザ上であればマウスでドラッグをして、スマホからであればスマホを回すことで360度を見渡すことができ、VRデバイス用のVRモードがあります。このVRモードが、360度動画以外の通常の動画でも使えるようになりました。

VR_MODE_660_WHT

これは、Gear VR向けのNetflixなどの動画視聴と同様、VRデバイスを使うと、目の前の大画面にYoutubeの動画が再生される様子を眺めることができるというもの。Google Cardboardなどの二眼のVRデバイスで視聴するといいですね。

image201511051715341スクリーンショットではどうしてもかなり遠いように見えますが、VRで見ると目の前に画面が広がります。

Googleは、米大手新聞NYタイムズの購読者100万人上にCardboardを配布するなどスマホを活用したVRに積極的に取り組んでいます。Youtubeもその動き呼応してVRで視聴する機能が拡充されています。

関連記事:ニューヨークタイムズ、購読者にGoogle Cardboardを100万台以上送付し、VRジャーナリズムに本格参入

なお、VRモードはAndroid端末のみでiOSでは視聴できません。iOS版のアップデートにも期待したいところです。またOculus RiftやGear VRなど他社製のVRヘッドマウントディスプレイ向けにもアプリの配信があるのかどうか注目したいところです。動画配信サービスVimeoやゲーム実況サービスTwitchは既にGear VRに対応しています。

なお、日本で入手できるCardboard型のデバイスはAmazon等でも複数種類が販売されています。
Mogura VRでオススメの機種は、ハコスコ社が作っている「Google Cardboard」ないし「Milbox」。段ボール製ながら比較的作りがしっかりしており、値段もお手頃です。なお、購入の際は、手持ちのスマートフォンのサイズが対応しているかを必ずご確認ください。

(参考)
Youtube公式 / YouTube presses play on virtual reality
http://youtube-global.blogspot.jp/2015/11/youtube-presses-play-on-virtual-reality.html

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/