雑誌にスマホをかざしてAR体験 米TIME誌が導入

アメリカのTIME誌は、世界初のニュース雑誌としても知られています。同誌は最近、表紙にスマートフォンをかざすとナレーションやアニメーションを楽しむことのできるARの導入を進めています。

カバーをスキャンしてAR体験

ARコンテンツを視聴するためには、スマートフォンやタブレットに『Life VR』アプリケーションをインストールし、Time誌2018年1月5日号のカバーをスキャンします。このアプリケーションはiOS、Android上でも利用可能とのこと。

「楽観主義者」の問題を題材にしたこの号では、マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツ氏がエチオピアの子どもの物語を語るARコンテンツを体験することが可能です。

ARを使用することで、パブリッシャーが音声や動画をコンテンツに埋め込むことが可能になり、従来のフォーマットにさらに臨場感を与えることができるようになり、表現の幅が広がります。

Time誌はこの号で初めてARを導入し、今後もARコンテンツの配信を続けるとのことです。

(参考)
Bill Gates-Edited Time Magazine AR Cover Works on Apple’s iPhone, Skips Microsoft’s HoloLens/NextReality(英語)
https://mobile-ar.reality.news/news/bill-gates-edited-time-magazine-ar-cover-works-apples-iphone-skips-microsofts-hololens-0181987/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: TIME

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!