インテル、一体型VRヘッドセットの計画を中止

インテルは2016年に発表し、2017年の第4四半期に発売するとしていた一体型VRヘッドセット「Project Alloy」の開発計画を中止することを明らかにしました。

パートナーの関心がなくなったことが理由か

Project Alloyは、インテルが2016年夏に発表した一体型VRヘッドセットです。PCやスマートフォンを使わず、現実の壁などを認識した世界でできるVR体験の実現を目指していました。リファレンスモデルをインテルが提示し、パートナーとなるメーカーが製造・販売するとしていました。

インテルによると、中止は2017年の夏に決定されたとのこと。パートナーの関心がなくなったことが理由であると述べられています。

関心が欠如した理由については述べられていませんが、米メディアRoad to VRは、コンシューマーヘッドセットの高いコスト、バッテリーの持ち時間の改善、人間工学を考慮した更なるハードウェアの進化などが課題だったのではないかと推測しています。


またそれ以外の要因として、多数のパートナーが2017年末に発売されるマイクロソフトのWindows MRヘッドセットに関心をしめしており、同じタイミングでのリリースになったからではないかともされています。

新たなVRヘッドセットを開発か

インテルは次の声明を公開しています。

「インテルは「Project Alloy」のリファレンスデザインを廃止する決定を下しました。しかし、引き続き次世代のAR/VR体験を実現するテクノロジーの開発に投資をしていきます。これには、ビジュアル処理用のMovidius、インテルRealSenseデプス・センシングと6DoFソリューション、インテル WiGig、Thunderbolt、およびインテル Optane など、その他の対応テクノロジーが含まれます。」

インテルはVRヘッドセットの規格を狙う「Project Alloy」からは撤退したものの、360度のVR向けライブストリーミングや、VR eSportsイニシアティブもサポートしています。また、Wi-Fiの次世代規格となるWi-Gig技術をVRヘッドセットの無線化に応用するプロジェクトも進めています。

(参考)
Intel Scraps Plans to Launch Project Alloy Reference Headset, Pursuing Other VR R&D;/ROADTOVR(英語)
https://www.roadtovr.com/intel-scraps-plans-to-launch-project-alloy-reference-headset-pursuing-other-vrar-rd/?platform=hootsuite

関連するキーワード: Project Alloyインテル

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ