中国VRスタートアップの9割が倒産 中国のVR産業は崩壊するのか?

中国のニュースサイトChina.org.cnで記者のWu Jin氏は、中国国内におけるVRスタートアップの9割が倒産したと報じられています。一見「中国VR産業の崩壊」にも思えるこの報告は、しかし中国VR産業にとってポジティブに捉えることもできます。

今回は、アメリカのVRメディアVR Scountに掲載された中国のVR市場の分析を紹介します。

スタートアップの9割が倒産、中国のVR産業は崩壊した?

Wu Jin氏は記事で、中国国内市場におけるVR関連のスタートアップのうち約90%が経営破綻したと報じました。

その原因としては、ヘッドセットの販売台数が当初の目標を達成できなかったことが挙げられています。「どの業界でもスタートアップの9割は失敗する」という指摘もありますが、中国の状況はそれだけではありません。

中国では、2015年には200~300社もの企業が独自のVRヘッドセット開発に動いていましたが、現在では、その数は10社ほどまで減っています。残った企業でさえ、今や従業員の給与削減や給与遅延が起こっています。

iiMediaの調査では、「スマートフォンユーザーの7割はVRヘッドセットへの購入意欲がない」ということも明らかになっています。

一方でVRの体験そのもの自体への需要は多く、特にViveカフェなどVRアーケード・体験施設では成功を収めています。

中国の消費者はVRへの関心はあるものの、VRヘッドセット市場は苦戦しているという需給のギャップが生じています。

ほとんどは既存ハードの“模倣品”

中国では多くの企業がVRヘッドセット開発に取り組んでいたものの、一部の例外を除いてそれらは独自の機能もない、Google CardboardやGear VRのような既存のモバイルVRデバイスの安価なレプリカに過ぎませんでした。

投資の現状を見れば、2014年にFacebookがOculusを買収した際、中国のVR業界への投資額は2億7000万元(約45億9000万円)に達していました。

2015年には約9倍の24億元(約408億円)に増加し、2016年前半には加えて15億4000万元(約262億円)の投資が供給されていると算出されています。

中国のVR産業は決して崩壊したわけでも、衰退したわけでもなく、着実に投資額が増えて成長しています。

ただし、成長していたのはヘッドセット市場ではありませんでした。VRヘッドセット市場においては、HTC、Oculus、ソニー、サムスン、グーグルらが高品質なヘッドセットを提供しています。

Jin氏によれば、安価な模造品はハイエンドのVRヘッドセットが顧客に届くために必要なチャネルを阻害する、ネガティブな混乱を市場に与えているといいます。

Analysys, Ltd.のZhao Ziming氏は、安価なVRヘッドセットを作っていたメーカーが倒産するこの「再編」によって、大企業は市場の質を高め、リソースをより効果的に展開することが可能になるとしています。

そして市場としては、国内外で革新的なVRヘッドセットを作っているスタートアップが競争の激しい中国で自立できるかどうかを判断するのに十分な参入の余地も残しています。

(参考)

VR Scout / 90% of Chinese VR Startups Have Gone Bankrupt. Here’s Why That’s a Good Thing.(英語)

http://vrscout.com/news/90-chinese-vr-startups-gone-bankrupt-heres-thats-good-thing/

※Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ