アマゾン、Amazonビデオ向けにVRだけでなくMRにも対応したコンテンツを開発中か

アマゾンは、動画配信サービスAmazonビデオのMR(Mixed Reality)対応に取り組もうとしていることが、同社の求人情報から判明しました。

Amazon

この求人情報は、Amazonの中にあるコンテンツ制作スタジオAmazon Studioの求人。SNS LinkedInに掲載されているもので、「Virtual Reality Experience Development Executive」(VR開発チームの幹部)のポジションを募集しています。

アマゾンは、2016年3月にもAmazonビデオ上でVRのコンテンツを配信するためのプラットフォームを開発していることが明らかになっていました。

今回はコンテンツ制作そのものを手がけていること。そして、募集内容には、「Amazonビデオで配信する革新的なMR体験を開発する」との文言があり、VRだけでなくマイクロソフトのHoloLensのようなMRデバイスで体験するコンテンツを視野に入れていることがわかります。

今だ公式にはVR/MRに関する一切の動きを見せていないアマゾンですが、どのような取組をしているのか、そしていつ頃それが明らかになるのか、注目したいところです。

(参考)
Amazon Studios Developing Mixed Reality Content for Amazon Video
http://www.vrfocus.com/2016/08/amazon-studios-developing-mixed-reality-content-for-amazon-video/

※Mogura VRはVR Focusとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/