HTC Vive専用視線追跡デバイス「aGlass」が220ドルで登場

中国のスタートアップ企業である7invensumは、2017年5月にVive HTC専用のアイトラッキングデバイスを発売すると発表しました。HTCによると、「aGlass」と名付けられた本デバイスは、プレオーダーが数量限定で受付開始となるとのこと。

なお、今回発売されるのはあくまで開発者向けデバイスとのことですが、プレオーダー自体は誰でも可能となっています。また、「aGlass」の価格は220ドル(約2万4,000円)であり、先ずは中国国内向けでのリリースとなるとも発表されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=eBfWnaEwzRI

FOVE 0」やクァルコムの一体型のHMDなど、アイトラッキング機能を搭載しているHMDの開発者版はこれまでにも登場しつつありますが、これらはHMD自体にアイトラッキング機構が内蔵されたものでした。一方で「aGlass」は、アイトラッキング機構のみを後付けで追加できるというデバイスであり、ユーザーが手動で着け外しすることができます
。本デバイスは直接HTC ViveとUSBでつなげて使います。

 

https://youtube.com/watch?v=zha9DANAlYE

Vive公式キットとしてユーザーの間口を広げる可能性

「aGlass」には2つのトラッカーが内蔵されており、それぞれ目と瞼の動きを検出できるようになっています。また、ユーザーに合わせてカスタマイズされたレンズをサポートするとも発表されています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=cFPU75awDcg

アイトラッキングが可能となることの効力として、視界中心付近の解像度を高くし、一方で外側の解像度は低めに描画するフォービエイテッドレンダリングがあります。フォービエイテッドレンダリングは描画の負荷を大幅に減少させるため必要なPCスペックが低下し、VR設備を整える敷居を下げると期待されています。 

「aGlass」と合わせて、フォービエイテッドレンダリングを有効化するソフトウェアもリリースされます。ただし、本機能はNVIDIAのグラフィックカードのみが対象であり、その他の企業のグラフィックカードは順次対応予定とも発表されています。なお、「aGlass」はTPCAST社の無線化キットと同様にHTC Viveの公式のアップグレードキットの一つとして位置付けられるとのこと。

(参考)
HTC Vive Is Getting A $220 Plug-And-Play Eye Tracking Peripheral Next Month(英語)
https://uploadvr.com/7invensun-eye-tracker-for-vive/

この記事を書いた人

  • VRが好きです、でも電脳化のほうがもっと好きです。

    Twitter:@naanaholic

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!