デイリーランキング

「HTC Vive Pro 2」と「Vive Focus 3」後付けモジュールでアイトラッキングに対応

業界動向

2021/05/14 12:45

月間ユーザー1億人以上、時価総額4兆円……話題沸騰のRobloxはVRにも強い意欲か

業界動向

2021/05/14 19:00

一体型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」が発表 解像度5K、視野角120度

業界動向

2021/05/12 02:04

NFT×VRゲーム普及へ向け「Decentraland」やEpic Games出身者が参画、2,100万ドルを調達

投資

2021/05/13 19:30

国の万博連絡会議がVRで開催、新しい国際博覧会に向けて導入

活用事例

2021/05/14 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Windows MRヘッドセット、2種類のPC動作要件が判明 ゲーミングPCでなくても動作

マイクロソフトが主導するWindowsのMRヘッドセットの発売が近づいています。それに伴いマイクロソフトは、動作させるためのPCのシステム要件を新たに発表したほか、ユーザーのコンピューターが対応しているかどうかを簡単に調べることができる『Windows Mixed Reality PC Check』アプリを公開しました。

MRヘッドセットを動作させるための詳細スペックが公開

Windows MRヘッドセットは、Oculus RiftやHTC ViveといったVRヘッドセットと同様に、PCと接続してVR体験が可能なデバイスです。他のVRヘッドセットに比べ、最小仕様がかなり低く設定されるとされていました。

MRヘッドセットは、PCに差し込むだけで外部センサー不要でVR体験が可能になるほか、価格が299ドル(日本では4万円)からと比較的手軽にハイエンドVR体験が可能な点が特長です。

マイクロソフトによるこの低めの設定は、ゲーミングPCを持たないローエンドなコンピューターのサポートもターゲットにしているためでした。今回、正式に公開された最小仕様「Mixed Reality」は少し要求が上がり、また新たに「Mixed Reality Ultra」PCの要求スペックを公開しました。

 

 

Mixed Reality Ultra

Mixed Reality

OS Windows 10(RS3)Fall Creators Update、Home, Pro, Business, Education

 

CPU

Intel Core i5 (第4世代) CPU 4コア以上
AMD FX-4350 4.2Ghz 4コア以上

Intel Core i5 (第7世代) CPU, 2コア
Intel® Hyper-Threading Technology 対応

RAM

8GB DDR3

8GB DDR3 Dual Channel

HDD

10GBの空き

グラフィックカード

NVidia GTX 965M / AMD RX 460以上のDX12対応GPU

 Intel® HD Graphics 620以上のDX12対応GPU

グラフィックドライバー

Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2

ディスプレイ 外部または内蔵VGA(800×600)ディスプレイ
表示ポート HDMI 1.4/DisplayPort 1.2 ×1
USB USB 3.0 タイプAもしくはタイプC ×1
Bluetooth(アクセサリー用) Bluetooth 4.0

標準のMixed Reality PCはゲーミングPCでなくてもOK、機能制限あり

標準となっている「Mixed Reality PC」はWindows MRヘッドセットの最小要件を満たすものになっていますが、表示フレームレートが60Hzになるほか、グラフィッククオリティが下がります

またパフォーマンスを維持するため、同時に起動できるアプリケーション数が3つに制限されています。たとえば、MRヘッドセットを装着した環境では、通常のWindowsのアプリケーションであるMicrosoft Edge、Word、Netflixを実行することができますが、4つ目のアプリケーションを起動するときは、3つのうちの1つを最初に終了する必要があります。

Mixed Reality Ultra PCはゲーミングPC、MRを堪能できる

「Mixed Reality Ultra PC」はゲーミングPC等GPUを搭載しているPCになります。Windows MRヘッドセットが90Hzで動作します。グラフィッククオリティも上がり、トラッキングの遅延も減少します。

マイクロソフトから発表された、手の動きを認識するWindows MRコントローラーは「Mixed Reality PC」、「Mixed Reality Ultra PC」のどちらもサポートしています。

複合環境に対応しているか簡単に確認


ユーザーがMixed Realityに対応したPCかを調べる方法として、マイクロソフトは、簡単に調べることができるアプリ『Windows Mixed Reality PC Check』を公開しました。

このアプリケーションはWindowsストアで利用可能でしたが、現在は利用不可になっており、Windows MRヘッドセットの発売近くに再度リリースされる可能性があります。

また、MR機能の実装は今年秋に配信されるWindows10のアップデート、Windows 10 Fall Creators Updateに依存しています。コンピューターのハードウェアが仕様を満たしていても、「Can’t run mixed reality(複合現実を実行できません)」というメッセージが表示される可能性がありますのでご注意ください。

(参考)
‘Mixed Reality Ultra PCs’ Will Run Windows VR Headsets With Higher Refresh Rates & Better Graphics/ROADTOVR
https://www.roadtovr.com/mixed-reality-ultra-pcs-will-run-windows-vr-headsets-higher-framerates-better-graphics/

Microsoft Publishes New System Requirements for Windows VR Headsets, and An App to Check Your PC/ROADTOVR
https://www.roadtovr.com/windows-mixed-reality-minimum-requirements-spec-check-pc-app/

 

VRの今後が垣間見える海外各社の求人情報 #5

2017/08/29 12:08 活用事例

AR技術を活用した新感覚ボルダリング 埼玉に9月設置

2017/08/29 12:08 イベント情報