デイリーランキング

【PSVR】PlayStation Storeにて専用&対応タイトルをお買い得価格で購入できる2つのセールが開催中

PSVR

2019/12/07 11:30

にじさんじ、月ノ美兎・樋口楓らのメジャーデビュー、全国zeppライブやフルアルバム発売を発表

VTuber

2019/12/08 21:19

注目の「ガリベンガーV」第二回の生配信が決定!小峠教官の密着VTR公開など5大発表も

VTuber

2019/12/09 12:11

にじさんじ、常設オーディション開設 クリエイターなど経験者向け

VTuber

2018/12/26 13:52

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月8日~11月15日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

マジで顔だけでサッカーします

https://www.youtube.com/watch?v=l7apI5y52iE

おめがシスターズがアップしたのは、サッカー動画。もちろん普通にやるわけがない。今まで巨大野球盤などをやっていた彼女たち、今回は顔サッカーです。

タイトルのとおり、顔でやるサッカー。意味はわからないけれども、絵面だけで面白い。おめシスは以前から物理演算動画を得意としていましたが、今回のように使い方がしょうもないから、面白い。
「運動不足が解消するね!」「ダイエットに最適だよ!」と、リングフィットアドベンチャー実況全盛期に顔サッカーをする。それがおめシス。

https://www.youtube.com/watch?v=58TGnNnXT6E

King Gnuの名曲をしっとり歌い上げるおめシスの2人ですが、50秒くらいから様子がおかしなことに。なんで余計なことをするのか。歌が本気だからこそギャップで笑えます。ネタを入れずにいられない。これがおめシス流エンタテイメント。

【建国宣言つき】国を作りたいので国を作った

https://www.youtube.com/watch?v=RfIjasZZxsU

赤月ゆにが、自らの国を作ろうと発案しました。冗談ではなく、本気で作ることができるのではないか、というのを過去の事例を取り上げてシミュレーションしていきます。

今は爵位がネットで買える時代。日本国内での独立はムリだけど、月の土地を持っている赤月ゆにならいけるのでは?
こういう妄想で済ませてしまいそうなところを現実的に考えるのが赤月ゆにスタイル。そしてついに、BOOTHでは「ゆに国の爵位」が販売されはじめました。

扱いとしては「絵画」。これは「みんなで価値を作るためのグッズ」として、つい欲しくなります。ある意味とてもバーチャル。

【にじトーーク】コンビでラジオやってるライバー#にじトーク【にじさんじ/椎名唯華】

https://www.youtube.com/watch?v=TN9l2RnhS-A

花畑チャイカ椎名唯華が司会で行ったのは、にじさんじ内で「コンビを組んで定期的にラジオをやっているライバー」を呼んで話を聞く、「アメトーーク」風番組「にじトーーク」。自分たち「にじレジ」組も含めて4組で、ラジオ裏話を語っていきます。
この話だけでも面白いのですが、今回はきっちり編集が入っている動画で、ものすごく見やすい。にじさんじとしては珍しい、収録型番組になっています。

元の無編集動画もあがっています。こちらと比較すると、みやすさの違いがよくわかるはず。

https://www.youtube.com/watch?v=ICnd29Pk758

にじさんじは基本「バーチャルライバー」というくくりで活動しているので生配信が多めですが、最近は月ノ美兎、椎名唯華、本間ひまわり、鈴鹿詩子など、編集した動画を積極的にアップするライバーも増えてきました。動画は新規で見る人には入りやすいので、手間はかかりますが是非増えてほしいところです。

【大発見】μ’sのメンバー、将棋の駒と完全一致する説【ラブライブ】

https://www.youtube.com/watch?v=Ehas4caNXXc

ProjectZのZちゃんは将棋専門のVTuber。彼女が今回アップしたのは、将棋の駒を「ラブライブ!」のキャラクターで例える、というかなりトリッキーな内容です。

Zちゃんは将棋慣れしている人から完全初心者まで視野に含めて活動しています。初心者が詰まりやすいのは、将棋のコマの動かし方と使い方。今回は個性豊かな「ラブライブ!」の面々の性格をうまーく取り込んでいるため、知っている人ならかなりわかりやすいです。
あの手この手で将棋に興味を持ってもらおうとしている彼女。バーチャルならではの自由度で、新しい将棋ファンを獲得していきそうです。

Free Horror Game【GO HOME】(1.01)

https://www.youtube.com/watch?v=Qr07GknQ20Q

市松人形Vtuber市松寿ゞ謡が作ったゲームGO HOMEが公開されました。PVではその雰囲気を見ることが出来ます。
一応グロ表現なしとなっていますが、ゲーム本体はかなり怖いです、お気をつけて。和ホラーとサイケデリック表現が入り混じった市松寿ゞ謡ならではのノリは一見の価値あり。

https://www.youtube.com/watch?v=VZubDg_PrA4

独特な世界観と映像力を持ったVTuberなので、気になった人は是非チャンネルをチェックしてみてください。

おかえり。

https://www.youtube.com/watch?v=VgD9kePgjxU

キズナアイの新着動画を開くと、右にキズナアイが、左にキズナアイがいた。2人がささやきかけてくる。「大好き」「お隣すわる?」「私だけ向いて」「どっちの方が好き?」。これはなんだ、死ぬ前に見る夢だろうか?

シチュエーションがはっきりしていない中、モテモテになるという不可思議な映像。ラストで何があったかも語られません。ファンならニヤニヤできること間違いなしなのですが、どうもお別れもあるらしいし、また遊びに来ることもできる様子。そもそも、なんでこんなに好かれているのか?
ファンの中には「このあと請求されるんじゃないか」なんて声も。そのくらいキズナアイハーレムと化しています。加えて自分視点の存在は、中性的な声で2人と会話しているのも謎。
ニヤニヤワールドを楽しむもよし。深読みするもよし。そもそもなんでサムネイルは2人のキズナアイが寄り添っていて、そこに自分はいないのか。変わった後味の作品です。

【#司会を受け継ぎし者】第1回 司会への挑戦 小野町春香編 ~受け継がれし茶番の意思~【にじさんじ】

https://www.youtube.com/watch?v=wmJvOxIFr3k

Vシンガーソングライター夢追翔は、にじさんじ内でも屈指の名司会者。彼が跡継ぎとして、15歳の若女将・小野町春香を司会者として育成することに……?
毎度おなじみのにじさんじ茶番企画。ただ司会としての技術磨きの部分は割と本物。「ゆるふわ」「入り込みづらい仲良しメンツ」「言うことを聴かない自由人」の3通りの、司会に難航する組み合わせと戦うことになります。大困惑する小野町春香に夢追翔が、そっとアドバイスをして乗り切る、という試練方式です。

トラウマになりそうな展開続きですが、これを乗り越えたら割とガチで司会がうまくなるのでは? 同時に、夢追翔の今までの、空気読み司会力の高さを再認識させられます。

クソマロたべログ~☆5は誰の手に~

https://www.youtube.com/watch?v=huOMJd1kgX8

でびでび・でびる本間ひまわり葛葉月ノ美兎童田明治が行ったのは、今数多くのVTuberが悩んでいる問題をばっさり斬って笑い飛ばす、痛烈な企画。
「マシュマロ」と呼ばれる匿名質問箱を持っているVTuberは多くいます。ファンとの交流としては非常に便利ですが、これが誹謗中傷セクハラなどを届けてしまうツールとして悪用されることが増えました。「マシュマロ」がきっかけで心が疲弊してしまうVTuberも少なくありません。

迷惑なマシュマロ、通称「クソマロ」を集めてみんなで味わい、つっこみながら点数をつけちゃおうという企画です。飛び出してくるマシュマロは確かにえぐいものばかりですが、みんなで見ちゃえば笑えてしまうものばかり。5人が軽快に、多彩な視点で斬っていきます。
ラストでは、でびでび・でびるによる迷惑マシュマロへの問題提起も提示されています。
悲劇を巻き起こしがちな「クソマロ」をエンタメに昇華しつつ、裏ではこんな困ったものがVTuberの精神を蝕んでいるという事実を視聴者に公開し、ルールを再確認する。見事な構成です。
月ノ美兎は「マシュマロ」ではなくメールでの迷惑行為を紹介しているのも面白い。形態によって、届く迷惑メッセージの形も異なります。
「深淵を見ている時また深淵も覗き込んでいる」的な配信。徹底してポジティブな姿勢を見せてくれることで、VTuberもファンもほっとできる力強い内容になっています。

第3回 ドキ!女だらけのボールギャグ選手権【Vtuber】【コラボ】

https://www.youtube.com/watch?v=SJw4jdF8YQo

ドゥエムマスクは全身拘束具のドMなダンディ。彼が行っている企画がこの「女だらけのボールギャグ選手権」。ボールギャグとは、口にくわえて開けっ放しにするSM器具です。

ボールギャグを女性VTuberがくわえてしゃべるだけ、という勢いの企画ですが、これで伝言ゲームのようなネタをやるとだいぶ面白い。視聴者側は少々、Sっけをくすぐられるかも。

https://www.youtube.com/watch?v=uZxnuxgNrYk

ドゥエムマスクは口枷レビューも行っているガチ勢。ちょっとアブノーマルな世界を覗いてみよう。

羽子田チカ『メイム』(short ver.)- Official Lyric Video

https://www.youtube.com/watch?v=O93JYfB2vyw

11月16日のライブShin StandardVol.4にも出演している羽子田チカ。彼女のオリジナルの新曲は、ケルト民族調の壮大な曲と、落ち着きがありつつも強い芯のあるボーカルが魅力的な曲。今回はショートバージョンです。

https://www.youtube.com/watch?v=pWiMg9A7D-o

北海道で目を覚ましたVTuberの彼女、民族調の衣装とメロディが非常にマッチしています。かと思えばかわいらしいポップソングも。作曲は最近はじめたばかりとのことですが、その完成度の高さでファンの間で話題になっているVTuberの一人です。

あくまの オリジナル曲【センチメンタル】

https://www.youtube.com/watch?v=9RhjpV_TQcg

こちらもShin StandardVol.4に出演しているあくまのゴート。エモーショナルな曲が多いの彼の今回の曲は、言葉もメロディも映像もとってもあくま的。

センチメンタルになった時の鬱々として気持ち、そこから何も動けずぐるぐる回って消耗していくやりきれなさが、見ていて不安定になるような映像に描きこまれます。ブルージーなゴートの声はこれまでになくあくまの囁きのよう。この苦々しさがくせになる。

フラワーポップガール / 花寄女子寮【MusicVideo】

https://www.youtube.com/watch?v=WnR-jeatjQ8

花寄女子寮の鹿乃のチャンネルにアップされたのは、メンバー全員がそろったオリジナルソング。花寄女子寮は鹿乃野々宮ののの花丸はれる小東ひとなの4人で構成されており、それぞれがチャンネルを持っています。
非常にアップテンポで跳ねるリズムが心地よい、アニメのオープニングのようなノリのよい曲になっています。これはライブで聞いてコールを入れたい!
メンバーは中国bilibiliでも活動をしており、中国語動画をあげている人もいるので、チェックしてみてください。

#17 【フルート】なんでだっけ(Lazの場合)を演奏してみた – Laz –

https://www.youtube.com/watch?v=KYYkdbk1X98

バーチャルフルーティストの古都Lazがアップしたのは、富士葵が作った曲「なんでだっけ」のフルートカバー。好きなものをあげていくテロップと、なめらかなフルートの音の組み合わせが、見ていてとても和みます。

https://www.youtube.com/watch?v=rKQ9kG69iog

フルートでのカバーを精力的に行い、6歳のRoseという妹も登場したこのチャンネル。歌やゲーム実況など活動の幅を広げ続けています。

【原キーで】フィクサー歌ってみた【ときのそら】

https://www.youtube.com/watch?v=kHYGTN4APxg

超ハイトーンの曲を歌いこなすことで知られるVTuberときのそらが、また一つ華麗に高音曲を歌い上げました。「フィクサー」は元々音が高いため、1オクターブ下げることが多い歌。ときのそらはそれを原キーでこなすことで、曲の入りからびっくりするほど高い音域を、安定した音で歌い上げています。さらに高音のサビ部分は、ただ高いだけではない、疾走感あふれる歌唱力で聴き応え抜群です。

くすんだ裏路地や屋上を描きこむことで、ダーティーな魅力をかもしているPVも必見です。

過去のおすすめ記事はこちらから:
必見!今週のおすすめVTuber



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

VRクライミングゲーム「The Climb」Quest版は12月3日に発売

2019/11/17 19:30 ゲーム・アプリ

マイクロソフト「HoloLens 2」日本出荷開始、アップルのARグラスは2023年発売か? ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2019/11/17 19:30 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集