デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VRでいつでも心理治療 AIセラピスト「Luna」2019年にもOculus Goに登場

VRへの医療活用を志すVRHealth社は、2019年1月に、現在開発中のVRアプリケーションを、一体型VRヘッドセットOculus Go向けに新しく配信することを発表しました。このアプリは、人工知能(AI)セラピストがVR内で心理療法を行い、病状緩和を図るものです。

人工知能のセラピスト「Luna」

VRHealth社は、ボストンに本社を置き、VRを医療におけるデータ解析や実際の心理療法など、さまざまな応用を試みている企業です。

今回、AIセラピスト「Luna」がユーザーと会話し、ユーザーの健康促進を図るVRアプリケーションを制作しました。

VRヘッドセットを使うユーザーに対し、アルゴリズムを用いてリアルタイムで医療分析を行い、ユーザーの健康状態を常に観察します。また、医師や研究者に分析時の情報を提供を行い、解析データの増加に役立てます。

https://www.youtube.com/watch?v=g3qbMB6yM98

Lunaでは、当然ながら直接的に投薬することができませんが、心理治療として有用なアプリケーションだと言えます。ユーザーの脳に働きかけ、治療をサポートするほか、対話を通してユーザー自身も症状を自分自身で管理できるようになる、と公式ホームページでも言及されています。

実際に、更年期障害の症状は緩和された

2>

これまでも人工知能セラピスト「Luna」により、更年期障害の症状を緩和できた報告がありました。

更年期障害は、50代以降の女性に多い障がいで、顔面潮紅やうつ病、いらいら、不眠、寝汗や性欲の減衰などの症状が多く見られます。

Lunaは投薬ができない代わりに、人の心理や脳に働きかけることに長けています。その効果が顕著に見られた一つの例だと言えるでしょう。

VRHealthの狙い

VRHealth社は、独自の医療アプリケーションがFDAによって認められたほか、医療としての質が十分であることの証明であるISO認証を持つ、VR企業で初めての例です。

同社は、Lunaだけでなく、認知訓練を行うReAct」や、頸椎の可動域テストやリハビリを行うAqua Clownなど、VRで体験可能なさまざまな医療アプリケーションを提供。他にも、痛みを緩和、首のトレーニング治療時の痛みの緩和など、7つのVR体験を展開しています。。

https://www.youtube.com/watch?v=j4xEkqHPkPs

同社のCEOであるEran Orr氏は、最終目標は医療のあらゆる分野について、VR空間上で治療士がサポートするようなVR体験を提供することであると語っています。

 Orr氏は、今回の更年期障害を患う状況に限らず、例えばがん等が起こる状況においても、もしAIの治療士によるカウンセリングをVRで体験できるのなら、家や病院など場所を問わず、安心できる治療を受けることが可能になると話しています。

(参考)VRScout

Mogura VRはVRSCOUTのパートナーメディアです。

バーチャルシンガー「YuNi」が2nd Single「Winter Berry」リリース。新進気鋭のクリエイターYUC’eが手がけるウィンターソング

2018/12/26 18:30 VTuber 最新ニュース一覧

VTuber「奏天まひろ」が「まりなすチャンネル(仮)」を発表。新たに3人の仲間を加えて活動開始

2018/12/26 18:30 VTuber 最新ニュース一覧