デイリーランキング

パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート、レノボは新ARグラス発表 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/01/18 08:00

リコーが実在施設をVRで再現、遠隔から来訪可能に

活用事例

2021/01/18 12:00

ドコモ、3D撮影可能な「ボリューメトリック」スタジオ開設

業界動向

2021/01/18 17:00

NTTドコモ、アバターで会議するVR/MR会議システムを実証実験

業界動向

2021/01/18 15:00

VRで網目が見えてしまう「スクリーンドア現象」、その意外な解決策 フェイスブックらが発表

テック

2021/01/14 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

レノボ、ARグラス「ThinkReality A3」発表 空間認識ありの法人向け眼鏡型デバイス

1月10日、レノボは産業向けのスマートグラス「ThinkReality A3」を発表しました。PCやスマートフォンと有線接続で使う、サングラス型のARデバイスです。

ThinkReality A3は、ビジネス利用を想定して設計されたスマートグラスです。情報を視界に表示するだけでなく、ARを使用して3Dビジュアライゼーションを行うことでより直感的に作業者に情報を伝えます。

PCもしくはモトローラの特定のスマートフォンとUSB Type-Cで有線接続し使用します。プロセッサにはクアルコムのSnapdragon XR1を搭載、ディスプレイの解像度は片目1080p(1920×1080ピクセル)です。視野角は不明ですが、プレスリリースによると、「5つのバーチャルディスプレイ」を表示できるとのこと。

また、8メガピクセルのカメラを搭載(写真からは各レンズの左右に1基ずつ計2基を確認)。魚眼レンズを通して画像認識で自己位置を特定するSLAMを行うだけでなく、周囲の状況を遠隔にリアルタイムで1080pの高画質で見せることが可能です。

利用シーンに応じた2機種がラインナップ

ThinkReality A3は、PC版(PC Edition)とインダストリアル版(Industrial Edition)の2機種が登場予定です。PC版はPCと有線接続し、拡張ディスプレイを表示して、デスク作業を効率化します。一方、インダストリアル版は、モトローラの特定のスマートフォンと有線接続して現場仕事で使用します。

ThinkReality A3の発売時期は2021年中頃、価格は明らかになっていません。グローバルでいくつかの市場で展開するとのことです。日本での発売に関しては不明です。

https://www.youtube.com/watch?v=EeksDjDdYFg

(参考)レノボ公式ThinkReality A3公式


ARメイク企業がGSから約51億円調達、「XR Kaigi 2020」基調講演レポ ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2021/01/12 11:21 業界動向

“賭けられる”VRスポーツ観戦サービスが米国で実験中

2021/01/12 11:21 業界動向