デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

成長が期待されるAR/MR市場、投資も伸長と予測

ゲーム業界のリサーチ会社Superdataは、コンシューマー向けXR(VR/AR/MRの総称)市場の動向に関するレポートを発表しました。2022年までに市場規模は300億ドル超へ成長。また目先でこの市場への投資は減少するものの、AR/MRを中心に伸長が見込まれます。

2022年の市場規模は300億ドル超

概観すると、コンシューマー向けXRのソフトウェア・ハードウェアを合わせた市場規模は、2022年末までに339億ドル(約3.8兆円)に達する見込みです。

インストールベースのVR市場は、同時期に5,100万ドル(約57億円)へ伸長。2018年時点の1,400万ドルと比較し、3.5倍以上の規模です。

コンシューマー向けヘッドセットの比率増

レポートは、一体型VRヘッドセット販売数の伸びにも注目しています。Oculusが2018年5月に発売したOculus Goは、2018年に100万台近くを売り上げたと推測されています。

一方AR/MRヘッドセットについては、今後コンシューマー向けの占める割合が高くなると予測します。2019年の比率はハードウェア全体のわずか15%と見込まれていますが、2022年の売上規模は29億ドル(約3,200億円)。その比率はデバイス全体の49%を占めるまで伸長する見通しです。

投資はAR/MRが牽引

XR産業への投資動向を見ると、AR/MR向け投資の比率が高まり、VR向けを越えるという顕著な動きが見て取れます。

2019年までは、VR市場の伸び悩み、一般消費者向けAR/MRデバイスの不在といった背景から、総投資額は減少傾向です。その後、次第にAR/MR向け投資に牽引され総投資額が増大。AR/MR向けの比率は、2022年時点で85%にまで成長すると見込まれています。

この他レポートでは、モバイルARのポテンシャル、施設型(ロケーションベース)XRの成長といったトピックスも扱っています。

(参考)SuperData


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

マインクラフト×AR? 5月17日に何かが起きる

2019/05/07 11:00 ゲーム・アプリ

ニューヨーク市警、テロ対策トレーニングにVR導入

2019/05/07 11:00 トレーニング・研修
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集