デイリーランキング

【Oculus Quest】「SideQuest」を活用してホーム画面をカスタマイズする方法

Oculus Quest

2020/01/27 18:30

セレブも続々投稿 ルーレット形式の“守護キャラ”フィルターが海外のインスタで流行中

AR/MR

2020/01/05 12:10

VTuber所属の事務所・プロジェクト・企業まとめ(2020年1月版)

VTuber

2020/01/26 19:45

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

【ドラクエウォーク】待望の上級職が実装 新ふくびきも期間限定で開催

ゲーム・アプリ

2020/01/28 17:09

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

10億人以上が体験、フェイスブックのARアプリ「Spark AR」がリリース

フェイスブックは、ARエフェクトツール「Spark AR」のオープンベータ版がInstagram向けにリリースされたことを告知しました。Facebookカメラ向けには一般公開されていましたが、Instagram向けにはクローズドベータでの限定的な提供となっていました。今回のオープンベータ化により、すべてのInstagram クリエイターが「Spark AR」を使用可能になります。

「Spark AR」は、フェイスブックが開発を進めているARツール。カメラアプリ「Snapchat」のLens Studioのように、ARエフェクトを作成できます。同社によれば、インスタグラムやポータルを含めると、「Spark AR」のARエフェクトを体験した人数は10億人を超えるとのこと。

今回のオープンベータ版「Spark AR」に伴い、フェイスブックは「Effect Gallery」を実装。様々なARエフェクトを使用することができます。

ペプシやディオールなど、大手メーカーも活用中

クローズドベータ期間中、「Spark AR」は大手飲料メーカーのペプシや、ファッションブランドのディオールといった企業が活用。個人のクリエイターでは、インスタグラムのプロダクトデザイナー、George Kedenburg III氏がバッテリーをモチーフにしたARエフェクトなどを制作し話題を呼んでいます。

クリエイターのLuke Hurd氏は「Spark AR」について、フェイスブックの公式ブログ内で以下のようにコメントしています。

私が「Spark AR」に惹かれた理由はいくつか存在します。「Spark AR」は多くの人が使うデバイスで動作するものであり、専用のヘッドセットなども必要としません。そして共有性も有しているのです。

絵画の目が動く、19世紀の絵がバラバラになる……!? ロンドンの美術館にAR導入 | Mogura VR

絵画の目が動く、19世紀の絵がバラバラになる……!? ロンドンの美術館にAR導入 | Mogura VR

MoguraVR

海外有名バンドが続々採用 仮装ができる「ARマスク」 | Mogura VR

海外有名バンドが続々採用 仮装ができる「ARマスク」 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality


VTuberコンビ「ひま食堂」初のドラマCD発表!釘宮理恵、小林ゆう、杉田智和、茶風林ら出演

2019/08/16 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

インド通信大手がARデバイス“Holoboard”発表、一般ユーザー向け普及目指す

2019/08/16 12:00 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集