デイリーランキング

【ドラクエウォーク】ドラクエ2第4章実装 「ロトの絆レベル」上限解放

ドラクエウォーク

2021/06/18 11:44

体験型施設「MIRAINO」が石川県にオープン!「逆転裁判」の最新VRが登場

VR体験施設

2021/06/17 14:52

【ポケモンGO】2021年の「季節イベント」が開催中!

ポケモンGO

2021/06/18 11:51

にじさんじ発の「バーチャル・タレント・アカデミー」開講決定! 1期候補生募集開始

VTuber

2021/06/18 13:30

初音ミクに会えるバーチャル空間「MIKU LAND」で、夏祭りが開催!

話題

2021/06/17 17:39

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

絵画の目が動く、19世紀の絵がバラバラになる……!? ロンドンの美術館にAR導入

フェイスブックのARエフェクトツール「Spark AR」が、ロンドンの美術館・テートに導入されました。作品にスマホのカメラを向けることでARエフェクトが加わり、より拡張されたアートを楽しむことができます。


(展示されている8つの作品が対応。ARで「飛び出す絵画」や光のエフェクト等が楽しめる)

来館者はスマートフォンからInstagramアプリを使い、ARが反映された芸術作品の数々を楽しめます。公式発表を行ったフェイスブックによれば、歓迎のメッセージと館内マップも表示されるとのこと。

適用されるエフェクトは作品によって違う

適用されるARエフェクトは作品によって違うものが表示されます。19世紀の作品「Fishing upon the Blythe-Sand, Tide Setting In,」には、同作品がAR上でバラバラになるという、衝撃的なエフェクトが。これは「Fishing upon the Blythe-Sand, Tide Setting In,」に関する実際のエピソードが反映されたものです。

ジョン・シンプソン作「Head of a Man」の場合、モデルの人物の目がカメラの位置に併せて移動するなど、ユニークな「双方向」性を感じる体験も用意されています。

ボストンで北米最大規模のARアート展示がスタート、公園を舞台に街の歴史を感じる | Mogura VR

ボストンで北米最大規模のARアート展示がスタート、公園を舞台に街の歴史を感じる | Mogura VR

MoguraVR

グーグルのARアプリで、自宅が美術館に。ピカソやゴッホが見れる新機能 | Mogura VR

グーグルのARアプリで、自宅が美術館に。ピカソやゴッホが見れる新機能 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Next Reality


アマゾンのVR/AR制作ツール「Sumerian」がアップデート、プログラミング不要で表現力向上

2019/08/07 11:48 開発

現地に行かずにVRで大学見学、KDDIと神戸市が共同開発 神戸外大

2019/08/07 11:48 活用事例
VR/AR/MR 用語集