Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

「Oculus Quest 2」の“脱獄”に報奨金? フェイスブックの意向に反発

Oculus Quest

2020/10/18 19:00

Oculus Quest 2で制限されている90Hzモードを解放する方法

Oculus Quest

2020/10/18 11:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月10日~10月16日)

VTuber

2020/10/18 19:30

「レディ・プレイヤー2」続編のあらすじ発表 新たな冒険とライバル登場

話題

2020/10/17 19:00

Quest 2向け解像度に VRローグライク「In Death: Unchained」がアプデ予定

ゲーム・アプリ

2020/10/18 20:30

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

“PS5”は2020年末に発売。没入感を増す触覚技術搭載へ

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、「プレイステーション」次世代機の正式名称「プレイステーション5」(PS5)を発表、その発売日が2020年の年末商戦期となることを明らかにしました。

正式名称や発売時期の発表と同時に、新コントローラーへのハプティック技術搭載、およびL2・R2トリガーの抵抗力を開発者がコントロールできる「アダプティブトリガー」の導入が告知されています。

没入感を増す、触覚技術の導入

PlayStation Blogの記事ではPS5の名称・発売予定告知とともに、“PS5の目指すゴールの一つに、「没入感をさらなる高みへ導くこと」がありますが、このゴールを実現するためには、まずは「コントローラー」について再考する必要がありました”(強調筆者)とし、新規に搭載されるコントローラーの「ハプティック技術搭載」「アダプティブトリガー」について説明しています。

PS5の新コントローラーでは、従来のコントローラーの振動を刷新し、ハプティック技術(触覚技術)が搭載されます。“レース中に車が壁にぶつかる感覚と、フットボールで相手にタックルする時の感覚では全く異なったものになるでしょう。草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わうことができるのです”と記載されていることから、振動をより細やかに再現することで、没入感の向上を図るものと思われます。

さらに「アダプティブトリガー」では、コントローラーのL2・R2ボタンの「押し込みの固さ」、当該記事中では「抵抗力」をゲーム開発者側が設定できるとのこと。ハプティック技術と組み合わさることで、プレイヤーがより多彩な「ゲームの中の感触」を体感できるものとなるようです。

現行PSVRへの対応も

PS5については2019年4月、米メディアWIREDによる独占取材によって、現行PSVRへの対応が明言されていました。その他CPUやGPUの強化、オーディオ改良、SSDの採用などが明らかにされています。

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降 | Mogura VR

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降 | Mogura VR

MoguraVR

CPUやGPUの強化に伴い、グラフィックやフレームレート向上の可能性が示唆されていたPS5ですが、今回明らかになったPS5へのハプティック技術やアダプティブトリガーの搭載により、さらに没入感のあるPSVR向けコンテンツ登場の可能性が生まれたと言えるでしょう。

(参考)PlayStation Blog


ヤナーチェクのオペラをAR化、イギリスの団体が10月より開始

2019/10/08 22:54 VR体験施設

「RICOH THETA」編集用アプリがアップデート ワイプ編集可能に

2019/10/08 22:54 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集