デイリーランキング

【ドラゴンクエストウォーク】新イベントの予告公開 テーマはドラクエ4?

ゲーム・アプリ

2019/11/15 18:12

【ポケモンGO】11月イベントの詳細が公開 テラキオンが伝説レイドに

ゲーム・アプリ

2019/11/14 15:57

【ドラゴンクエストウォーク】総DL数1000万突破!  記念ボーナス実施

ゲーム・アプリ

2019/11/15 17:09

【ドラゴンクエストウォーク】試練の扉4週目が開始  スカイドラゴン登場

ゲーム・アプリ

2019/11/14 16:21

【ポケモンGO】新ポケストップ申請ツール実装 使用は40レベルから

ゲーム・アプリ

2019/11/14 13:33

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

【Oculus Quest】クロスバイ対応のゲームタイトル25本まとめ(2019年5月21日時点)

2019年5月21日にFacebbookから発売される一体型VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」。PCやスマートフォンを必要とせず、VR内で身体や手を自由に動かせる“6DoF”の体験が可能です。本格的なVRが約5万円から体験できるということもあり、注目を集めています。

Oculus Quest(以下、Quest)には、PC向けハイエンドVRヘッドセットOculus Riftとの間でクロスバイ(※)が実装されることが決定しています。

(※クロスバイ:ソフトを1つ購入すれば、同ソフトの他機種版が無料でプレイ可能となる仕組み)

今回は2019年5月21日時点で、クロスバイに対応することが告知されているソフトを一挙にご紹介します。なおクロスバイはOculus Store限定の機能で、Steamで購入したソフトには適用されません。

Oculus Questについての解説は、下記のレビュー記事等を参照ください。

参考記事:【徹底レビュー】本格的なVRが5万円切り 新たな定番入門機 Oculus Questの魅力
参考記事:一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」の価格・予約・購入方法

Angry Bids VR: Isle of Pigs

「Angry Birds VR: Isle of Pigs」は「アングリーバード」シリーズの開発元Rovio Entertainment(以下Rovio)と、スウェーデンのゲームスタジオResolution Gamesが共同開発しました。プレイヤーはスリングショット(パチンコ)を使用して、様々な建築物を破壊しゲームを進めます。本作には合計50以上のステージが存在し、追加ステージの配信も予定されています。

Apex Construct

「Apex Construct」は、荒廃した未来の都市で、弓と盾を手に戦うアクションアドベンチャーです。PlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)向けには2018年2月、Oculus StoreSteamでは翌3月に配信開始され、弓と盾を使った自由度の高いアクション、高い没入感などから人気を集めています。VRゲームスタジオ、Fast Travel Gamesが製作を手がけています。

BoxVR

「BOXVR」は、2018年1月に配信が開始されたボクシング・エクササイズゲームです。飛んでくるマーカーを左右の拳で打ち、ラインに合わせて体を動かすことで全身運動ができます。

Dance Central VR

「Dance Central 」シリーズは元々XboxのKinect用に開発されたダンスゲームです。2011年にXbox360で初代「Dance Central」が、2014年にXbox Oneで続編「Dance Central Spotlight」がリリースされました。本作は初代「Dance Central」をVRゲーム化したタイトルとなります。

収録楽曲(一部):
Bruno Mars ft. Cardi B — “Finesse (Remix)”
The Chainsmokers ft. Daya — “Don’t Let Me Down”
DJ Snake & Lil Jon — “Turn Down for What”
Haddaway — “What is Love”
Pitbull ft. Ne-Yo, Afrojack, & Nayer — “Give Me Everything”
Rob Base & DJ EZ Rock — “It Takes Two”

Dead and Buried 2

「Dead and Buried 2」は、Oculus Rift・Oculus Go向けに展開されていたVRシューティングゲームの続編です。西部劇風の舞台設定で、遮蔽物に隠れながらピストルを構えて対戦します。Riftとのクロスプレイに対応で最大4人までプレイ可能です。前作はワープ移動でしたが、今作は通常のスティック移動に変更になり、より臨場感のあるプレイができるようになりました。

Drop Dead

「Drop Dead」は、襲ってくるゾンビを撃退するVRシューティングゲームです。Oculus GoやGear VR向けに配信されて人気を集め、PC向けの移植も行われました。

Eleven: Table Tennis VR

「Eleven: Table Tennis VR」は、評価の高いVR卓球ゲームです。マルチプレイに対応し、友達とまるで現実に卓球をしているような感覚で楽しめます。

Face Your Fears 2

Oculus Go/Gear VR向けのホラーオムニバスシリーズ「Face Your Fears」の続編です。動き回れて手を動かせるQuestになったことでインタラクティブな体験になっていると考えられます。

Fruit Ninja VR

「Fruit Ninja VR」は、スマートフォンゲームの名作「フルーツニンジャ」のVR版です。飛んでくるフルーツを刀でスパスパと斬ってきます。

I Expect You To Die

「I Expect You To Die」は元祖VR脱出ゲームです。プレイヤーはエージェントとなり、様々な場所からの脱出を試みます。難易度がかなり高くやりごたえのある“脱出”を楽しめるのが人気を集め、2018年秋には300万ドルの売上を達成しています。

Journey of the Gods

「Journey of the Gods」は、「Face Your Fears 2」の開発スタジオTurtle Rock Studiosが開発中の別のVRアドベンチャーゲームです。プレイヤーは神になり、成長して色々なスキルを身に着けながら人間を助けていきます。特徴的なのはアクション要素の強い一人称視点とゴッドモードの切り替え。ゴッドモードでは、世界を神の視点で見下ろし、植物を育てたりと神様の気分になりながら自分自身が神様として成長していきます。

Keep Talking And Nobody Explodes

「Keep Talking and Nobody Explodes」は、VRのユーザーが一人でしか遊べないことを逆手にとった非対称ゲームです。VRでプレイしているプレイヤーは爆弾を解除しなければいけませんが、そのヒントは現実で周りにいるプレイヤーが見ているファイルの中に書いてあります。爆弾の様子を伝えながら、助け合って爆弾を解除するというユニークなゲームです。

Ocean Rift


「Ocean Rift」は、ダイバーになり目の前を泳ぐ海の生き物を鑑賞するVRアプリです。熱帯魚、ウミヘビ、サメ、イルカ、ジュゴン、アシカ、深海魚、古代魚などから選ぶことができます。

OrbusVR: Reborn


「Orbus VR」は2017年に発売された、他のプレイヤーたちと一緒にオープンワールドの世界を冒険できるVRMMORPGです。ファンタジー世界の住人となって冒険や戦闘を楽しむことができます。新コンテンツの配信が発表され、Questへの対応も合わせて発表されました。

Racket: Nx


飛んでくるボールをラケットを使って打ち返し的に当てていくゲームです。マルチプレイでフレンドと一緒にプレイすることもできます。

Racket Fury: Table Tennis VR


「Racket Fury: Table Tennis VR」は、VR空間で卓球が遊べるゲームです。通常の卓球とアーケードモードを選ぶことができ、オンラインマルチプレイで対戦することも可能です。

Robo Recall

「Robo Recall」は、エピックゲームズが開発したVRシューティングです。ロボットの街で暴走するロボットを取り締まっていきます。敵をつかんで投げたり、銃を宙に浮かせてからそれをつかみ、振り向きざまに敵を撃ち抜くなどのアクションを楽しむことができます。Unrel Engine 4製の美麗なグラフィックも特長でしたが、Questでどの程度のクオリティになるのかも注目です。

Shadow Point


「Shadow Point」は「Esper」などのVRパズルゲームを開発していたスタジオの新作です。光とオブジェクトを組み合わせて影を作りながら女の子の後を追っていくパズルゲームです。

Space Pirate Trainer


「Space Pirate Trainer」はHTC VIVE向けに人気を集めたVRシューティングゲームです。襲ってくる敵を様々な銃と盾を駆使して撃退します。

Sports Scramble


「Sports Scramble」はOculus Quest用に制作されたカジュアル志向のVRテニスゲームです。任天堂が2006年にリリースしたWii用ソフト「Wii Sports」のテニスゲームモードをインスパイアした作品であると推測されます。2019年夏に配信されるアップデートで、ボウリングや野球が新モードとして追加される予定です。

Tilt Brush


「Tilt Brush」はVRイラストレーションアプリです。両手に持ったコントローラーがパレットと筆になり、さまざまな色やブラシを使ってVR空間上で自由に絵を描くことが可能です

The Climb


「The Climb」は美麗な風景の中、絶壁を登っていくクライミングゲームです。両手を伸ばして岩や出っ張りを掴んで進んでいくと、いつしか本当に崖を登っている感覚に。

Thumper


「Thumper」は、激しいリズムに合わせてアクションをとるVRゲームです。プレイヤーは宇宙昆虫となりシンセサイザーのビートに合わせつつ、グネグネ曲がりくねったレール上を疾走していき、サイケデリックな怪物を倒していきます。

Ultrawings

「Ultrawings」は、飛行機を操縦してミッションに挑戦するVRフライトゲームです。ミッションをクリアしていくと機体の種類が増えていきます。

Fujii


「Fujii」は、カリフォルニアのゲームスタジオFunktronic Labsが開発を進めている自然を旅するVRアドベンチャーゲームです。2019年6月28日の発売を予定しています。

クロスバイ非対応のソフト

2019年5月21日現在、一部のゲームデベロッパーより、それぞれのメーカーのVRゲームがクロスバイ非対応であることが告知されています。現在判明しているクロスバイ非対応タイトルは、以下の通りです。

Beat Saber (Beat Games)
 
Moss (Polyarc)
 
SUPERHOT VR (SUPERHOT Team)

Oculus Quest、「Beat Saber」など人気の3タイトルがRiftとのクロスバイ非対応

Oculus Quest、「Beat Saber」など人気の3タイトルがRiftとのクロスバイ非対応

MoguraVR

(参考)UploadVR



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

アイドル部の夜桜たま、プロ雀士との麻雀コラボ配信を開催 MリーガーとVTuberのチーム戦

2019/05/21 18:30 VTuber 最新ニュース一覧

バンダイナムコ、マカオにてVR事業の開始を発表 2019年秋に「VR ZONE」をオープン

2019/05/21 18:30 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集