デイリーランキング

リコー、ビジネス向け360度コンテンツサービスのポータル「RICOH360」を公開

ビジネス活用事例

2019/02/15 19:00

XRトレーニングによるコスト削減は年間1.5兆円 多数の企業が取り組む

統計・データ

2019/02/15 12:00

VRで交通事故を体験、安全意識高める 大分県警察ら共同制作

ビジネス活用事例

2019/02/15 11:30

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

コンテンツも制作か Magic Leapがゲーム開発スタジオを買収

巨額の資金調達をしながら、プロダクトの姿が見えてこないため謎のスタートアップMagic Leapは、MR(複合現実)デバイスを開発中です。同社は、この4月に新たにゲーム開発スタジオのFuzzyCube Softwareを買収しました。

コンテンツ開発にも注力

Business Insider誌は、Magic Leapが『Temple Run 2』や『Epic Loot』などのモバイルアプリを手掛けるテキサスのゲーム開発スタジオFuzzyCube Softwareを買収した、と報じました。

Magic Leapが開発中のMRデバイスはいまだにその全貌が明かされていませんが、今回のFuzzyCube Softwareの買収から、同社はコンテンツの制作についても意欲的であることが伺えます。Magic Leapは今年初めに開催されたゲームのイベントD.I.C.E.サミットでもセッションを行っており、ゲーム業界を意識しています。

未だ明かされないハードウェアの全貌

他にも同社は今年に入ってから、顔のスキャニングとマッピングのプラットフォームを開発しているDacuda社の3Dスキャン技術を買収しています。

1月に掲載された公式ブログでは、CEOのRony Abovitz氏は「2017年はMagic Leapにとって大きな年になる」と述べ、2017年中に製品を発売する体制が整っていることを窺わせていました

今回の買収からコンテンツ開発にも力を入れ始めたことが伺えるMagic Leapですが、しかし何よりも気になるのは、いまだほとんどが明かされていないハードウェアの全貌です。

マイクロソフトはMRデバイスHoloLensを世界中で展開しています。Magic Leapはどういった強みで競争の舞台に上がってくるのでしょうか。果たして謎のベールがいつ捲られるのか、その時期が次の焦点となります。

(参考)
UploadVR / Report: Magic Leap Buys Game Developer FuzzyCube Software(英語)
https://uploadvr.com/report-magic-leap-bought-game-developer/

Magic Leap公式サイト
https://www.magicleap.com/


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

「物理的な距離をなくす」ために  HoloLensを使ったN高入学式を支えたMR技術

2017/04/18 11:30 ビジネス活用事例

『Star Wars バトルフロント 2』にもVR体験の可能性

2017/04/18 11:30 VR動画