デイリーランキング

4人に囲まれて洗われる「終末のハーレム VR」第三弾ハーレム篇、完全版バンドルパック篇が配信開始

ゲーム・アプリ

2019/03/19 20:00

花魁VTuber「由宇霧」が今注目される理由。扱いが難しい“性の悩み”に真摯に答える彼女の活動と魅力

VTuber

2019/03/19 19:00

Oculus Rift S、GDCで発表か?複数の開発者がメール入手

Oculus Rift

2019/03/18 11:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

HTC、Vive向けコンテンツストアを月額制に アーケードや企業向けVRゲーム/アプリの配信ストアも展開へ

HTCは太平洋時間1月4日、メディア向けの発表会を行い、HTC Viveのハードウェア、ソフトウェアに関する複数の発表を行いました。

HTC、Vive向けに何でも追跡可能にするトラッカーやヘッドホンつきストラップ等を発表 無線化キットは全世界へ

現在、HTC Vive向けのコンテンツはSteamとViveportの2つのプラットフォームで配信されています。現在1,000タイトル以上がリリースされており、今後その数を更に増やしていくとのこと。2017年末までに3,000タイトルのリリースを目指しています。

Viveportとは

Viveportは、HTCが展開しているVRコンテンツの配信プラットフォームです。Valveが運営するSteamがVRゲーム中心であるのに対し、ノンゲームのアプリ配信も行うことのできるプラットフォームを目指しています。

最終的には、PC向けのVRだけでなく、スタンドアローン型、モバイルなどViveportにすべてのデバイスに向けてVRコンテンツを提供していきたいとのこと、中国ではスマホVR向けコンテンツの配信プラットフォームViveport Mを展開しています。

今後は様々なターゲットに向けてViveportを展開していくとのことで、新たな配信プラットフォームが発表されました。

家庭用Viveportは月額制の導入

家庭用のVRゲームやアプリに関しては、月額制のサブスクリプションシステムが導入されます。無料トライアルは既に開始しているとのこと。月額制は2017年第1四半期からスタートします。

アーケード向けコンテンツも配信

また、HTC Viveは中国・日本・台湾を始め世界中でアーケードやネットカフェでの活用が始まっています。2017年には5,000箇所の体験施設の設置を目指すとのこと。

ショッピングモールなどVR体験のタッチポイントの開設を加速するために、アーケード向けのコンテンツを全世界に配信できるアプリストア「Viveport Arcade」を2017年第1四半期に開始することが明らかになりました。

エンタープライズ向けコンテンツも配信へ

HTC Viveを使って医療、建築などさまざまなプロフェッショナルツールが登場しています。こうしたツールの共有と導入を促進するために、「Viveport Enterprise」を2017年第2四半期よりスタートすることが発表されました。

HTC、Vive向けに何でも追跡可能にするトラッカーやヘッドホンつきストラップ等を発表 無線化キットは全世界へ

HTC、Vive向けに何でも追跡可能にするトラッカーやヘッドホンつきストラップ等を発表 無線化キットは全世界へ

2017/01/05 10:20 テック

ODG、位置トラッキング機能のある新型スマートグラスを発表

2017/01/05 10:20 テック