デイリーランキング

VR活用で通勤時間ゼロ、家を仕事場化する「ポータル」開発開始

テック

2020/01/21 19:00

レノボ、新一体型VRヘッドセットを発表 学校教育プログラム向けに

業界動向

2020/01/20 19:30

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

バーチャルで音楽フェスや狂言を鑑賞、VR展示空間が初公開

業界動向

2020/01/21 11:30

2019年のVRヘッドセット出荷、約半数は一体型に。Oculus Questの影響大か

統計・データ

2020/01/22 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

エピックゲームズCEO、ARへの期待をコメント

「Gears of War」シリーズや「Fortnite」などを手掛けるゲームスタジオエピックゲームズのCEO、Tim Sweeney氏が、2019年3月18日から行われたGDC 2019で、自身のVRとARに関する見解を述べました。

この見解は、VRメディアUploadVRの記者Ian Hamilton氏の取材に対して述べられたものです。Sweeny氏は、長時間のインタビューには対応できないと前置きしつつ、hamilton氏に対して以下のように自身の考えを語りました。

Sweeny氏のVR/ARに対する見解

VRとARはエンターテイメント産業の未来を変えるでしょう。エピックゲームズも(VRとARに対して)多額の投資を行っています。我々が行ってる投資の大部分は、法人向けの分野に対して向けられています。

我々は(VRとAR)の現状について、前向きな展望をもってしても、まだまだこの分野が発展途上であると考えています。確かに我々はこの分野に対して多額の投資を行っていますが、こういった製品が業界を一変させるのは、数年先のことであると認識しています。

ただ私個人としては、将来的に世界中の人がARグラスのようなARデバイスを所有し、日常的に使用するようになると信じています。そしてそれら(ARデバイス)こそが、未来のエンターテイメントプラットフォームなのです。

しかしなによりも、我々はマイクロソフトがMicroSoft HoloLens(HoloLens 2)を発表したことを喜ぶべきでしょう。未来のARに関する取組が、オープンプラットフォームとして行われることもです。私は、これ(オープンプラットフォーム化)がAR業界において非常に重大な決定であると考えています。(訳注:マイクロソフトは、HoloLens 2発表の際「ストア・Webブラウジング・プラットフォーム」の3点をオープン化すると発表している)

(ARデバイスに)8k対応のディスプレイが実装され、また人間の眼と同等のFOV(視野角)に対応する。センサーが表情を連続的に読み取り、着用者の周囲の世界をデジタル化する。そんな光景を想像してみてください。

我々は(オープンプラットフォームを活用するにあたって)プライバシー保護のシステムを厳重に構築すると同時に、プラットフォームへのアクセスの自由さも確保しなければなりません。

エピックゲームズとVR/AR

エピックゲームズは、VR/AR分野に対して注力していることが知られている企業です。2017年同社は、Oculus Rift専用のVRシューティングゲーム「Robo Recall」をリリースしました。Epicはまた、2017年から行われているVR/ARの新標準規格「OpenXR」の策定にもその他の企業と共に取り組んでいます。「OpenXR」はGDC 2019で暫定仕様が公開されました。

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応 | Mogura VR

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR


ベセスダ、ナチスと戦う「ウルフェンシュタインVR」発売日決定

2019/03/30 18:30 ゲーム・アプリ

「アサシンクリード」のVR脱出ゲーム、欧米で今春リリース

2019/03/30 18:30 VR体験施設
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集