Home » ジュネーブ大学研究員が発表したVTuber海外論文に注目集まる


VTuber 2020.04.17

ジュネーブ大学研究員が発表したVTuber海外論文に注目集まる

ジュネーブ大学の研究員Ludmila Bredikhinaさん執筆の論文が、現在注目を集めています。タイトルは「Designing identity in VTuber Era」で、日本のVTuberをテーマに扱った内容です。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

この論文は、4月22日から開幕予定のVR関連カンファレンス「ConVRgence (VRIC)」に向けて先行公開されたもの。前提としてVTuberと単純なアバターを(配信活動の有無などで)区別し、そこから英語圏、フランス、日本のVtuberたちが、どのように“自分自身(アイデンティティ)”を作り上げていったのかを調査。各国のVtuberが回答したアンケートを元に結果を論じる形で構成されています。

論文自体はこちらから確認可能です(要PDFファイルをダウンロード)。文章は英語で執筆されています。また、Ludmila BredikhinaさんはV美少女ねむさんの配信にゲスト出演し、自身の研究について紹介しています。


(参考)International Journal of Virtual Reality


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード