デイリーランキング

ディズニーからバーチャルガール「Ella(エラ)」デビュー

VTuber

2020/10/23 12:57

【ポケモンGO】特定のポケストップへ向かうARマッピングタスクが実装

ポケモンGO

2020/10/21 18:48

「#Vtuberポジティブニュース」がTwitterトレンド入り 明るい話題が集まる

VTuber

2020/10/22 19:13

【ドラクエウォーク】2020年ハロウィンイベントの詳細発表

ドラクエウォーク

2020/10/22 11:20

【ポケモンGO】11月のイベント詳細発表。「冠の雪原」記念イベント開催中

ポケモンGO

2020/10/23 19:09

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

話題のVRリズムゲーム「Beat Saber」、運動量はテニス並み

5月1日の配信開始以来、VRリズムゲーム「Beat Saber」が話題を集めています。音楽に合わせてライトセーバーを振るうこのゲームは楽しいだけでなく、テニス並みのカロリー消費につながるというテスト結果が発表されました。

運動量はテニス並み

米サンフランシスコの調査チームThe Virtual Reality Institute of Health and Excerciseは、MET(metabolic equivalent)という身体活動の強度を表す単位によって、VRゲームの運動量を測っています。プレイ中の酸素消費量と心拍のモニタリングによってMETのスコアを測り、テニスや野球、ボクシングといったスポーツのスコアと比較します。

「Beat Saber」の経験がある(ただし“エキスパート”ではない)プレイヤーに4つのステージをプレイさせて計測したところ、体重60キロのプレイヤーの場合、1分間に8.57~9.86キロカロリーを消費するという結果が出ました。本作プレイ中の運動量は平均で6.24METsとなり、テニス(6~8METs)とほぼ同じスコアとなっています。

カロリー消費には動き続けること

この計測結果と同じスコアを出すにあたって、いくつか注意点があります。このスコアを出すためには、プレイヤーはコンスタントに動き続けなくてはなりません。高難易度のモードでプレイすれば多くの運動量を得て、またそれを維持することができますが、低難易度でプレイしている間は期待通りの運動量は得られないかもしれません。

高難易度のモードでは多くミスをするとゲームオーバーとなり、楽曲がそこで中断されてしまいます。つまり、運動量を高めてそれを維持し続けるためには、高難易度の楽曲もクリアできるスキルが必要となります。これに対し、The Virtual Reality Institute of Health and Excerciseは「ミスをしても途中でゲームオーバーになるのではなく、最後までプレイできるようにした方が良いのではないか」としています。

The Virtual Reality Institute of Health and Excerciseはこれまでにも多くのVRゲームの運動量を調査し、結果を公開してきました。現時点で最大の運動量を記録しているのはVRボクシングゲーム「Thrill of the Fight」の15METsで、短距離走と同程度の運動量となっています。

この調査のほかにも、「スカイリムVR」や「VirZOOM」でダイエットに成功したプレイヤーのニュースもあります。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


ハリケーンで生き残るには 米大学がVRコンテンツ制作

2018/05/15 19:30 ゲーム・アプリ

中国メーカー、5Gでスマホ間のライブ3D動画配信ライブデモ

2018/05/15 19:30 テック
VR/AR/MR 用語集