デイリーランキング

月ノ美兎がnoteへの投稿を開始。授業ノートに添えられた落書きイラストを掲載

VTuber

2019/04/17 18:30

「ゼルダBotW」VRモードの最新情報が発表。VRのON/OFFはいつでも切り替え可能に

ゲーム・アプリ

2019/04/16 15:57

日本発のVRゲーム「東京クロノス」、Oculus公式が“必見”認定 日本ファンの熱量が後押し

ゲーム・アプリ

2019/04/18 17:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/02/10 11:30

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降

PSVR

2019/04/18 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

「スカイリムVR」でダイエット 発売約1週間で4.5キロ減量

4月3日にPC版が発売されたオープンワールドRPG「スカイリムVR」。発売からわずか1週間強の間に、このゲームで10ポンド(約4.5キロ)の減量に成功した男性がいます。

独自のルールで身体を動かす

海外掲示板Redditのハンドルネーム・elliotttateというこの男性は、ゲームの没入感を高めると同時に、できるだけ身体を動かすようなルールを自分に課しました。

「スカイリムVR」は、ハンドコントローラーを使い、立った状態でプレイします。しかしプレイヤーが現実世界で移動したとしても、攻撃のダメージを受ける範囲(プレイヤーキャラクターの当たり判定)は動きません。elliotttateはまず、これを無視することにしました。例え当たり判定が動かずとも、敵の攻撃は全身を動かしてかわすようにしたのです。

さらに彼はキャラクターのセリフをすべて大声で読み上げるようにし、加えて移動する時も馬に乗ったりテレポートを使ったりしませんでした。そう、走り続けたのです。ゲームの中のキャラクターと同じスピードで歩き、走り、ダッシュすると、ゲームに没入できるだけでなく、身体を動かして汗をかくことになりました。



elliotttate氏は「ゲームと同じスピードで走り、消費するスタミナもゲームと同じになるようダッシュしました」「最初は方向を決めて、30分間走ることから始めました。ランタンを下げて夜の砂利道を走っていると、頭上には何千もの星がきらめいています。息をのむような美しさでした!」とコメントしています。

彼が実践した”走る””大声を出す”といったことは、ゲームがなくてもできることです。しかし「スカイリムVR」のフィードバックがあるからこそ、より効果的に体験できたと言えます。

この結果は、VRの明るい未来を示しています。これまで「スカイリム」のようなゲームでは、ついプレイヤーは没頭し、身体を動かすこともおろそかになりがちでした。しかしVR版なら違います。VRはまさにゲーム・チェンジャーなのです。

VRを使ってダイエットに成功した事例は、ほかにも「VirZOOM」「Thrill of the Fight」などのケースが紹介されています。

(参考) UploadVR

Mogura VRはUploadVRのパートナーメディアです。




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

誰でもVRでバーチャル配信者になれる「バーチャルキャスト」使用法

2018/04/13 20:00 VR動画

バーチャルYouTuberがお悩み相談 ニコニコ超会議に登場

2018/04/13 20:00 VTuber 最新ニュース一覧