ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.08.21

「女型」から逃げろ!「進撃の巨人」の名シーンを“超”体感できるVRアトラクションが開発中?【体験レポあり】

第57回壁外調査にて調査兵団が出会ったのは、
知性を持つ巨人「女型の巨人」だった。

多くの同胞を屠りながら迫りくる「女型」を
「巨大樹の森」へといざなうリヴァイ班。

その真の狙いとは。その運命とは。

リヴァイ班の一員となり、巨大樹の森を駆け抜けるこの作戦に、あなたは生き残れるか。

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズは、同社の30周年記念イベント「W/(ウィズ)」(秋葉原UDXにて8月9日および10日開催)の中で、人気作品「進撃の巨人」の超体感VRアトラクション「VR進撃の巨人 THE HUMAN RACE 逃走戦線(仮)」のプロトタイプを展示しました。開発はVRアトラクションの開発で知られる株式会社ハシラスが担当しています。

このVRアトラクションは、原作でも非常に印象的な「女型の巨人捕獲作戦」のシーンをVR化したもの。プレイヤーは調査兵団・リヴァイ班の一員となり、巨人から逃げつつ、それを捕らえるための罠へと誘導していきます。

「自由の翼」のマントを羽織り、雰囲気はバッチリ

このVRコンテンツは、馬の背に乗っている感覚を再現する専用筐体にまたがって体験する、体感型アトラクションです。

使用する筐体は、ハシラスの社名の由来でもあるVR乗馬アトラクション「Hashilus(ハシラス)」で開発した体感マシンをさらに改造したもの。ロデオマシンのような鞍は馬の動きに合わせて動くほか、コントローラーの操作に合わせて、馬がジャンプするような感覚も再現しています。

筐体にまたがる前には、「進撃の巨人」の調査兵団のシンボル「自由の翼」が描かれたマントを羽織ります。実はこのマント、原作設定を再現しているだけではありません。VR体験中にバランスを崩さないように上部からロープでつながれており、転倒防止用の補助具としても機能しています。

まず鞍にまたがり、鐙(あぶみ)に足を通したらVRヘッドセットを装着します。使用するVRヘッドセットは2018年4月発売のVive Pro。トラッキング用の装置も最新のものを使用しています。

続けて、手にはコントローラーを持ちます。馬を駆るための鞭として使うほか、トリガーボタンを押して障害物を避けるジャンプ動作が可能です。

調査兵団の面々と木々を駆け抜ける

チュートリアルでの操作説明の後に、いよいよVRでの体験となります。馬に騎乗し、調査兵団の仲間たちと森を駆けているシーンからスタート。

プレイヤーは調査兵団のいちメンバーとして設定されているため、リーダーであるリヴァイ兵長や主人公のエレンが並走して話しかけてくる(!!)ということで、気分はさながら調査兵団リヴァイ班の一員。「進撃」ファンにとってはたまらない体験です。

標的である女型の巨人は前後左右、あらゆる方向から迫ってきます。手綱をとって馬を走らせ、エルヴィン団長を始めとする調査兵団が待ち受ける罠にこの「女型」を誘導するのが役割となります。

なお、このVR体験では、プレイヤーが必ず逃げ切れるという保証はありません。きちんと馬を走らせなければ、巨人に捕まえられてしまうでしょう。女形の巨人の攻撃をジャンプして飛び越え、倒木をくぐり抜けながら逃げていくと、最後には……。

https://www.youtube.com/watch?v=gqcSkKzAL-0

(体験中の様子。モニターに映されているのは外から観るための映像で、VR体験中の人が直接見ている視点ではないことに注意)

体験自体は3分ほどですが、VRに慣れている筆者でも「後ろから迫ってくる巨人を、思わず何度も振り返って確認してしまった」ほどに没入できる体験でした。巨人に捕まった場合の演出も気になるところですが、逃げ切ることに必死でそれどころではありません。

これまでにも「進撃の巨人」は一度VR体験化がなされています。2014年に展開され、VR用動画としての販売も行われている「【VR】進撃の巨人VR 360度体感シアター‘哮’」では、トロスト区奪還作戦のシーンを調査兵団の一員となって体験できます。

そして今回の「VR進撃の巨人 THE HUMAN RACE 逃走戦線(仮)」では、

・自分で馬を駆って巨人から逃げる、といったインタラクティブ要素
・他プレイヤーの様子も分かる、マルチプレイ要素

が加わり、体験としてのクオリティが非常に高く仕上がっています。

今後さらに進化して展開も?

今回のデモはプロトタイプ。株式会社ハシラスの代表取締役・安藤晃弘氏によれば、「身をかがませて木をくぐり抜ける箇所の実装など、今後さらに開発を進めていく」とのこと。すでに完成度の高いコンテンツではありますが、プレイヤーからのフィードバックも参考にしながら、さらに質を高めていくようです。

まだ開発中のため本格展開は「未定」とのことですが、すでにロゴなども決まっているとのこと。隣では同じくソニー・ミュージックコミュニケーションズとハシラスが開発を手がける「キャプテン翼VR」の完成度をさらに高めた最新版も展示されており、こちらも本格展開が行われるものと思われます。

世界的に知られている作品のIPを活用したVR体験としては、バンダイナムコによる「VR ZONE」や米国の「The VOID」などが知られています。ソニーミュージックコミュニケーションズ×ハシラスの展開にも、引き続き注目したいところです。

Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



Mogura VR主催 イベント情報
10/29 VRにおける映像表現手法・ストーリーテリングを語る 公開座談会

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」


この記事を書いた人

すんくぼ(久保田 瞬)

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。Boothにて書籍「寝転んでNetflixを観ると、 VRの未来が見える」販売中

Twitter:@tyranusii

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集