デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

スター・ウォーズ等のVR施設のVOID、ディズニーやクアルコムから出資受け加速

VR体験施設The VOIDが、シリーズAラウンドの資金調達を行っていたことが明らかになりました。出資者には、Qualcomm Ventures、ディズニーといった大手ベンチャーキャピタルや企業が名を連ねています。この資金を元に、The VOIDはVR体験施設の展開を加速します。

10社以上が投資に参加

The VOIDはニューヨークやロンドン、ドバイ、アナハイムなど世界各都市に展開しているVRアミューズメント施設です。映画業界とタッグを組み、「ゴーストバスターズ」などの人気映画を題材としたVRアトラクションを展開。高性能な独自のVRヘッドセットやトラッキングシステムを組み合わせ、VR内で壁があるところには現実でも壁がある、といった現実とVRが連動する“ハイパーリアリティ”ををうたっています。

北米のディズニー・リゾートでも、「スター・ウォーズ」をテーマにしたVRアトラクション「Star Wars: Secrets of the Empire」を提供しています。

https://www.youtube.com/watch?v=xbrIJdu6Gn0

同社が明らかにした内容によれば、2018年にFidelity Managementらを主導としてシリーズAの資金調達を行ったとのこと。投資には他にもQualcomm Ventures、ディズニー、米国の大手エージェンシーであるUnited Talent Agencyやリゾート運営のGenting Malaysiaなど、10社以上が参加しています。

米国9都市、アジア・ヨーロッパでの展開を計画

The VOIDは調達した資金を元に、ハリウッドやサンタモニカなど、新たに9都市にVR体験施設をオープンするとしています。先日はアジアやヨーロッパを含む世界展開の計画も報道されており、世界各地でVR体験が可能になると期待されます。

(参考)VRrOOm


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

解説:投資レポートから読み解く世界のVR/AR市場のトレンド

2018/06/11 12:00 投資

VRで出産を理解し、不安を緩和 スウェーデンで活用広がる

2018/06/11 12:00 医療・福祉
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集