デイリーランキング

人気VTuber総勢40名以上が夢の共演、「REALITY FESTIVAL 2 >DIVE」開催決定!

VTuber

2019/03/25 18:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年3月版)

Oculus Quest

2019/03/24 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(3月15日~3月22日)

VTuber

2019/03/24 19:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール14選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

目の前がデジタルライブ会場に AR活用の視聴アプリ登場

AR(拡張現実)でデジタルライブを楽しめるARプラットフォームアプリ『AR LIVE STATION』が、iOS/Android向けに3月27日より配信されました。

本アプリは、3DCGやVR/AR技術の開発などを行う株式会社キャドセンターと、株式会社マイクログローブの共同開発です。

『AR LIVE STATION』は、スマートフォンなどのカメラの映像に、3DCGやVFX(ビジュアル・エフェクツ)を絡めた透過した実写動画を重ねて表示します。ライブ中に撮影した写真はFacebookやTwitter、LINEで共有することも可能です。

本アプリで使用するARマーカーは、アプリからダウンロードができます。スマートフォンを近づけたり、マーカーを動かすことで色々な角度からデジタルライブを楽しめます。

アプリの参加アーティスト第1弾は「rovelab(midicronica716 × masaru iwabuchi)」。

midicronica 716氏は、TVアニメ「サムライチャンプルー」最終話のエンディングテーマ『San Francisco』を手がけた覆面HIPHOPユニット「midicronica」のメンバー。”イラストレーターである「steroid」氏が描くキャラクターをオルターエゴとし、現実と非現実の隙間で活動中”です。

masaru iwabuchi as 666氏は、佐々木希さんやCharisma.com(カリスマドットコム)などのアーティストたちへの楽曲提供をはじめ、数々のCM楽曲制作などを手掛けるトラックメーカーとして活動しています。

(参考)株式会社キャドセンター プレスリリース

漫画のキャラが目の前に迫る!スクエニ『結婚指輪物語VR』体験レポ

2018/03/28 20:00 ゲーム・アプリ

「AR×音」でコンクリートの内部欠陥を検査、三重大学らが開発

2018/03/28 20:00 ビジネス活用事例