ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.03.28

目の前がデジタルライブ会場に AR活用の視聴アプリ登場

AR(拡張現実)でデジタルライブを楽しめるARプラットフォームアプリ『AR LIVE STATION』が、iOS/Android向けに3月27日より配信されました。

本アプリは、3DCGやVR/AR技術の開発などを行う株式会社キャドセンターと、株式会社マイクログローブの共同開発です。

『AR LIVE STATION』は、スマートフォンなどのカメラの映像に、3DCGやVFX(ビジュアル・エフェクツ)を絡めた透過した実写動画を重ねて表示します。ライブ中に撮影した写真はFacebookやTwitter、LINEで共有することも可能です。

本アプリで使用するARマーカーは、アプリからダウンロードができます。スマートフォンを近づけたり、マーカーを動かすことで色々な角度からデジタルライブを楽しめます。

アプリの参加アーティスト第1弾は「rovelab(midicronica716 × masaru iwabuchi)」。

midicronica 716氏は、TVアニメ「サムライチャンプルー」最終話のエンディングテーマ『San Francisco』を手がけた覆面HIPHOPユニット「midicronica」のメンバー。”イラストレーターである「steroid」氏が描くキャラクターをオルターエゴとし、現実と非現実の隙間で活動中”です。

masaru iwabuchi as 666氏は、佐々木希さんやCharisma.com(カリスマドットコム)などのアーティストたちへの楽曲提供をはじめ、数々のCM楽曲制作などを手掛けるトラックメーカーとして活動しています。

(参考)株式会社キャドセンター プレスリリース

この記事を書いた人

みたらし

ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

Twitter:@MD5ch_com

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース