ザッカーバーグ、OculusでVR/AR用の手袋型コントローラーを体験

フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ氏は、ワシントン州レッドモンドにあるOculusのR&DチームOculus Researchを訪れ、同施設で研究されているデバイス等を体験しました。

Oculus Researchは、著名なプログラマーであるマイケル・エイブラッシュ氏のもと、VRのデバイスの研究にとどまらず、没入感の深いVRとARを実現するための様々な研究開発を行っています。

ザッカーバーグ氏は同氏のFacebookの投稿の中で、視察時の写真を掲載しています。その中には、グローブ型コントローラーを装着している写真がありました。

位置を高速・低遅延でトラッキングするシステムOptitackを使用し、無線でOculus Riftと接続。手を自由自在に動かすことができるようです。

ザッカーバーグ氏の投稿によると「ここでは、VR/ARで手を使うための新しい方法を研究しています。このグローブでは、VRで絵を描いたり、キーボードをタイプしたりスパイダーマンのように蜘蛛の糸を出すことも出来ます」という体験内容のようです。

Oculusは。2015年7月に手のトラッキング技術を開発していたPebble interface社を買収しています。現在のOculus Riftでは、ハンドコントローラーとしてOculus Touchが使用されていますが、より自然で実在感のある“手”を実現するための開発を続けていることが分かります。

ザッカーバーグ氏は、「我々の目標はVRやARで私たちがやりたいと思うことを可能にすることです。眼鏡のようにどこにも持ち運ぶことができ、バーチャルな世界とも現実と同じようにやりとりのできることです」と語っています。

ザッカーバーグ氏の投稿には手袋型コントローラー以外にもOculus Research内部のさまざまな写真がアップロードされています。


完璧な音を実現するための無響室


超小型の精密機器を扱うエリアでは職員は厳重な服を着ている


あらゆるパターンのレンズを製造するための機械

(参考)
http://vrscout.com/news/mark-zuckerberg-teases-prototype-oculus-vr-gloves/

 

Mogura VR は、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

関連するキーワード: Oculus Rift

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ