1月23日、アメリカ最大級のVRイベント「VRLA WINTER EXPO」開催

2016年1月23日、ロサンゼルスにてアメリカ最大級のVR開発者イベントが開催されます。
VRLA WINTER EXPO」というこのイベント、主催はVRLA、アメリカ最大のVRに関わる開発者コミュニティのひとつです。

同イベントは、現在のところ夏と冬、年に2回行われていますが、開発者に限らず一般の来場者も多く、8月に行われた際には2000人を動員しました。今回の冬のイベントでは3000人程度がイベントに参加する見込みで、回を重ねるごとに規模が大きくなっています。

イベントの概要は、「VR分野で活躍する面々の基調講演」と、「様々なVRコンテンツの体験会」です。
基調講演には、AMD、SUMSUNG、Leap Motion、NVIDIAなど様々な企業から、スピーカー陣が登壇します。

スポンサーにも、AMD、SUMSUNG、JAUNT、HTCなど、計30社以上の企業がついており、イベントの勢い強さが感じられます。

こちらがイベントのPV(これまでのイベントの様子を収めたもの)です。

https://www.youtube.com/watch?v=56VGYTB7AKc

会場にはあらゆるヘッドマウントディスプレイがひしめき合い、技術展示・コンテンツ展示問わず、様々なVR制作物で活気づくことが予想されます。

2月29日に「HTC Vive」の予約開始を控えているHTCは、このVRLA Winter Expoで最新版プロトタイプのVive Preを展示します。
更にVRコンテンツ開発をしているSurviosは、HTC Vive向けの”2人同時に、共通のVR空間でプレイできる”ゲームを発表します。
また視野角210°×130°を有するHMD「StarVR」の開発元であるStarbreezeと、Oculus Rift専用タイトル「The climb」開発元のCrytekの2社も、何らかの重大発表を行う可能性があります。

その他にも多くの体験展示がある予定とのこと。
20160120090702

日本では開発者会議といえば、Ocufesが年に数回開催されています。2016年2月に最後のOcufesが開催予定です(以降は「Japan VR Fest」という名前になります。)

関連記事:【体験レポ】OcuFes 2015夏はVRの新しいアイデアを見られる宝庫だった(前編)

2016年も開幕からVR関連のイベントが目白押しです。

(参考)
Huge VRLA Expo Will Feature Co-Op HTC Vive Experience From Survios (UPDATE) – UPLOAD VR (英語)
http://uploadvr.com/huge-vrla-expo-will-feature-co-op-htc-vive-experience-from-survios/

VRLA Winter Expo to Feature 72 Exhibitors and 4 Exclusive Reveals, Jan 23 – Road to VR (英語)
http://www.roadtovr.com/vrla-winter-expo-to-feature-72-exhibitors-and-4-exclusive-reveals-jan-23/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VR、UploadVRはMogura VRとのパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/