VRアニメならではの新しい物語表現 注目スタジオの新作『Rainbow Crow』

VRがさまざまなアート制作に使われる中、従来の映画やアニメとは異なる“新たなメディア”としてVRをが制作手法が模索されています。

VRアニメ『Rainbow Crow』の制作では、従来のメディアとは異なるデザインでVRストーリーテリングを実現しようという取り組みが行われています。

ネイティブアメリカンの伝説を題材としたVRアニメ『Rainbow Crow』

『Rainbow Crow』はネイティブアメリカン伝説を題材にし、闘士の忍耐力、多様性、自己受容性を伝えるVRアニメです。

https://www.youtube.com/watch?v=cTm1wPqF4YQ

同作品の制作は『マダガスカル』のディレクターらが設立したVRアニメーション専門スタジオBaobab Studiosが行っています。Baobab Studiosは、PlayStation VRなどに配信中のVRアニメ『INVASION!』や『ASTEROIDS!』の制作を行ってきた実力派のVRアニメスタジオです。

『Rainbow Crow』の制作には、Baobab Studiosに、数多くの賞を獲得し、映画『ラ・ラ・ランド』の楽曲提供・エグゼクティブプロデューサーを務めたJohn Legend氏も携わることが発表されています。

新たなVRストーリーテリングの方法

従来とは異なるメディアとして、新たなVRストーリーテリングの方法や視覚効果を模索したという『Rainbow Crow』では、“ディザリング”と“エモーショナル・ライトニング”という2つの方法でデザインされています。

“ディザリング”は、登場するキャラクターや風景にわざとボヤをかけて少し半透明に見える状態にする技術です。

上の画像では、登場キャラクターであるスカンクのベッキーの尻尾にディザリングがかかっており、先端が少し透けて見えます。くっきり見えるのではなく、少しぼやけて見えることで、3Dにさらに異なるエフェクトを与えています。

もう一つの“エモーショナル・ライトニング”はシーンすべてに光の効果を与える技術です。VR内で視界に入るすべてのモノに光を照らすことで、より感情的なイメージをシーンに与えることができます。


この2つの手法はいずれも、VRアニメの「舞台」を整えようとするものです。通常のアニメーションと異なり、360度全てアニメの世界に没入し、見回したりあるきまわることができるVRアニメにおいて引き続きさまざまなアプローチが模索されていくことになります。

新たなアプローチでVRストーリーテリングを実現しようとする『Rainbow Crow』は今後のVRアニメの制作方法にも影響を与える可能性を示しています。

(参考)
Exclusive: Baobab’s ‘Rainbow Crow’ is Pushing VR Film Visuals into Beautiful New Territory
http://www.roadtovr.com/exclusive-baobabs-rainbow-crow-pushing-vr-film-visuals-beautiful-new-territory/ (英語)

MoguraVRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

 

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ