VRで気分はスプラトゥーン VRゲームのModにスプラシューターが登場


エピックゲームズが提供するVRゲームの『Robo Recall』は、Oculus Rift専用タイトルで、Oculus Touchを購入した全ユーザーは無料でダウンロード可能です。『Robo Recall』は正式にModのサポートを行っており、『Robo Recall Mod Kit』をダウンロードすれば、誰でもModを制作することができます。

3DCGの非常勤講師をしている和牛先生(@3dcganimation)氏は、『スプラトゥーン』の武器である「スプラシューター」のModを制作した様子をSNSにアップしました。

Modとは

Mod(Modification)とは、ゲーム用の改造データのこと。『Robo Recall Mod Kit』では、新しい武器、敵、マップ、その他すべての種類のコンテンツを作成し、ゲームへロードすることができます。

一般的なゲームでは、作ったModをゲーム画面で眺めることしかできません。
しかし、VRゲームでは、自分が作った武器を実際に持って遊ぶ、自分の作ったマップに自分が入るなど、自分の作った世界をよりリアルに体験できます。

今回紹介した「スプラシューター」のModでは、”実際に自分がゲームの中に入って「スプラシューター」を持ち、敵と戦う”、という体験ができます。世界を塗りつぶすことまではできませんが、Modによって、まるで自分がスプラトゥーンの世界に入りこんだような体験が可能になるのです。

爽快なアクションが楽しめる『Robo Recall』


『Robo Recall』は、暴走するロボットたちを倒す、1人称視点のFPSゲームです。
アクション要素が豊富で、銃を撃って敵を倒すだけでなく、敵を掴んで投げたり、映画で見るような、銃を宙に浮かせてキャッチしたあと振り向くときに敵を撃つことができます。
Oculus Rift専用タイトルで、価格は2,900円(Oculus Touchを購入したユーザーは無料でダウンロード可能です。)

ゲームとMod制作ツールは、公式サイトよりダウンロードできます。
https://www.epicgames.com/roborecall/en-US/home#recall

(参考)
https://www.unrealengine.com/ja/blog/mod-support-comes-to-robo-recall

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!