広がるVRアート VRで描かれたスター・ウォーズの激しい戦闘シーン


デザイナー・技術者であるDong Yoon Park氏は、HTC Vive向けのVRイラストツール「Tilt Brush」でVR空間上にスターウォーズの戦闘シーンを再現した動画を公開しました。

スター・ウォーズの迫力ある戦闘を再現

今回Park氏が公開した動画では、宇宙戦艦同士の戦いを一時停止したような、光線の飛び交う戦場が表現されています。

https://www.youtube.com/watch?v=9Bx6nDjxC24

動画では、始めに完成した作品を紹介した後、一つ一つのパーツをどのように制作したかを紹介しています。

船のエンジンの発光を描くためにネオンを使用し、慎重に重ね合わせることでパネル化された金属面を表現するなど、丁寧な描き方のテクニックを見ることができます。

Park氏は、「私は落書きやスケッチをすることが大好きで、特に超高層ビルや大きな機械物などの3次元の遠近法の描画が好きです」と語っています。

「AR/VR及びMRデバイスでは、イラスト表現が劇的に変化しています。文字通り3D空間を描くことができるので、立体感を出すための“錯視”を気にする必要はありません。(中略)このデジタルメディア(VR)の素晴らしい点の1つは、完成した作品を2Dで共有するだけでなく、VRシーン全体をダウンロードしてVRで共有することができることです」

HTC Vive向けの『Tilt Brush』やOculus Rift向けの『Medium』などのツールを使い、VRの中で創られた「VRアート」とも呼べるアート作品が世界中で登場しています。日本では、VRアーティストのせきぐちあいみ氏が2017年2月に個展を開催しています。

(参考)
Road to VR / Watch: Star Wars Battle Brought to Life in VR Via Tilt Brush(英語)
http://www.roadtovr.com/watch-star-wars-battle-brought-life-vr-via-tilt-brush/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ