NBAファイナルの舞台裏を、360度動画としてTwitter上で配信。

Twitter社は、NBA、サムスンと提携し、サムスン製の360度カメラGear 360で撮影されたNBAファイナルの様子をファンに向けて発信していく、と発表しました。

NBAファイナルとはアメリカのプロバスケットボールリーグNBAの頂上決戦であり、2016年のNBAファイナルは日本時間6月3日に開幕しています。

twitter 360

NBAファイナルの舞台裏を配信

今回Twitter上で配信される動画はストリーミング映像ではない予定ですが、試合前のフォーミングアップ、コートへ向かう選手たち、試合後の歓喜など、様々な場面の裏側を観ることができそうです。

今回の試みは、Twitter内のリンクをクリックすると、クリック&ドラッグで360度動画を観られるページに飛ぶという仕様になっています。

NBAとVRコンテンツ

NBAは昨年から、試合のハイライト映像を360度動画としてGear VR上で配信するサービスを実験的に行っています。これはVR向けの動画配信を手掛ける企業であるNext VR社との提携によるもので、大々的に導入されれば、より体感的なスポーツ中継が期待されることでしょう。

360度動画の共有サービスは、Facebook やYouTubeといった他のプラットホーム上でも行われています。Twitter社による今回の試みも、他のライバルサービス同様一般向けの利用が可能になるかどうか、今後のTwitter社の動向に注目です。

(関連記事)
スポーツ中継をVRで。NBA、バスケの試合をVRストリーミング配信

(参考)
Twitter Launches 360 Video Tweets for the NBA Finals – VRScout
http://vrscout.com/news/twitter-launches-360-video-tweets-nba-finals/

この記事を書いた人

  • image01

    視覚・聴覚だけでなく人のあらゆる感覚にアプローチしていくようなインタフェースに興味があります。VRを使っていろんな研究がしてみたいです。

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/