豊田スタジアムの超高画質360度VRコンテンツが公開

360°全方位や超広角画像を用いた画像処理技術の研究・開発を進めている株式会社アジェンシアは、豊田スタジアムの超高画質360度パノラマ写真を制作し、豊田スタジアムのホームページリニューアルと同時に豊田スタジアムが同サイトにて公開しました。

豊田スタジアム 360度ビュー PANOCLOUD 360 VR

豊田スタジアムは、FIFAクラブワールドカップなど、サッカーの国際試合も多く開催しているフットボールスタジアムであるため、厳しい管理下に置かれる天然芝のピッチグラウンドには、一般の人が入ることができません。

今回の360度パノラマコンテンツでは、そのグラウンド中央から望遠レンズで撮影した写真2000枚以上を使用しました。そして、株式会社アジェンシアのPANOCLOUD 360 VR技術を用いて組み合わせ、合計360億5万画素の超高画質のパノラマコンテンツとなりました。

image00

image02

その画質の高さはとてつもなく、グラウンド中央からズームすると、はっきりとスタジアムに並ぶ観客席の番号まで見ることができます。

また、スマートフォン+VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)によるVRコンテンツとしても楽しむことができます。

image03

スマートフォンからサイトを開いた場合、左下にVRスコープメガネモード(「VRscope」は凸版印刷株式会社の登録商標です)になるマークが表示され、そこを押して、VRHMDに装着すると、VRスコープメガネモードで楽しむことができます。

image01
こうすることで、実際にピッチグラウンドに立ったかのような体験ができます。

さらに、観客席側からグラウンド側を見る、代表的なエリアがポップアップで表示され、座席付近から見渡した眺めを確認することも可能です。

豊田スタジアムで試合などを見ることがある際はぜひチェックしておきたいですね。

(関連記事)
日本最大123mの観覧車の視点を360度動画で
海外で作られた13本の360度ミュージックビデオ

(参考)

超高画質ギガピクセル(360億5万画素数)360°パノラマ写真を利用したVRコンテンツを、国内スポーツ施設最大規模の豊田スタジアムが採用、公式サイトで公開を開始!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000020445.html

この記事を書いた人