Oculus Rift製品版の予約・購入方法

Oculus Rift製品版「Rift」は1月7日午前1時から予約が始まっています。

価格は本体83,800円、日本への送料は10,800円となっており、総計94,600円。また、推奨スペックの要件を満たすPCが必要となります。

Riftの性能、対応PC等についての情報は以下の関連記事をご確認ください。

関連記事:Oculus Rift製品版の性能・価格・対応PC・付属品まとめ(2016年1月版)

現時点では、日本で入手するためには、公式サイトで購入しなければなりません。比較的簡単に購入できるとはいえ、英語のサイトはハードルが高くなります。本記事ではOculus Rift製品版の購入完了までの流れを紹介します。

1.Oculus公式サイト(英語)にアクセスします。

2.トップページ中央にある「Pre-order Now」をクリックします。
イメージ974

3.ショッピングカートの画面に遷移します。購入は1人1つまで。使用しているPCが推奨環境を満たしているかどうか確認するためのツールをダウンロードすることもできます。ここでは右上にある「Download」をクリックし、推奨環境を確認する方法を紹介します。推奨環境を満たしていることが自明の方は、6までお進みください。
イメージ975

4.ダウンロードしたファイルを起動すると、推奨環境を確認するためのツールが立ち上がります。ご自身のPCのスペック情報をOculusに送信するかどうか、送信を希望しない人はチェックをはずしましょう。「Start」をクリックします。
イメージ983

5.自動的に判定が行われます。✕印のある箇所が要求スペックを満たしていないパーツになります。SSは筆者のノートPCで判定を行ったものです。全てが◯であればクリアとなります。「Order Oculus Rift」をクリックし、Oculusのカートの画面に戻り、購入を続けましょう。
スペックを満たさなかった場合が、PCの調達を同時に検討しなければなりません。「Order PC」から推奨スペックを満たしている「Oculus Ready」として認定されているPCの購入が可能になるようです(日本国内への対応は未定)
イメージ984

イメージ985

6.Oculusアカウントの入力画面となります。ログイン済みの方は表示されません。アカウントを持っていない方は右の「Continue as Guest」から進みましょう。アカウントは注文後に作成可能です。
イメージ986

7.配送先住所の入力です。
住所等は日本語での入力が可能ですので日本語で入力しましょう。1月7日10時現在、英語で住所を入力すると日本語に自動変換され、誤りが生じる事案が発生している模様です。最初から日本語での入力をオススメします。

First Name:名
Last Name:姓
Phone:電話番号
E-mail:メールアドレス
アドレスタイプ:Residentail(住居)かCommercial(オフィス、商用利用)かを選択
Country:国、Japanを選択
Address:住所
Address2:住所2
City:市町村
State/Province:都道府県
Zip code:郵便番号

イメージ977

8.支払い方法を選択します。既に登録済みの方はそのクレジットカードを使用できます。新規の方はクレジットカードかPaypalでの決済が可能です。日本のクレジットカードには弾かれるものもあるとのこと。

イメージ980

9.確認画面です。問題なければ「Complete the order」をクリックします。
イメージ981

10.注文完了となります。ただし、まだ終わりではありません。
中央下に見えるチェックボックスのうち、
・「Reserve your space in line for Oculus Touch」(Oculus Touchの予約権を確保する)
 2016年下半期に発売されるハンド・トラッキングデバイスOculusTouchの予約を希望する人はチェックを入れましょう。
・「Receive updates and offers for Oculus Ready PC」
 こちらは、今後発売されるOculus Ready PCの案内を受け取るかどうか、ASUS、Dell、AlienwareのPCブランドから希望するものを選ぶ(複数可)というもの。日本での販売が行われるのか不明ですが、希望する人はチェックを入れましょう。

最後に下の「Sign up」もしくは「Finish」をクリックすると終了となります。
イメージ982

以上でOculus Rift製品版の注文が完了となります。発送は3月28日からと発表されていますが、2016年1月7日10時時点で既に5月の出荷分の注文となっています。

Mogura VRでは引き続きOculus Riftに関する情報を発信していきます。

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/