360度カメラ「THETA SC」が発売間近 「THETA S」との違いは?

株式会社リコーは、スタンダードクラスの360度カメラ「RICOH THETA SC」を2016年10月28日に発売します。 RICOH THETA SCRICOH THETA(リコー・シータ)」は、ワンタッチで静止画と動画を撮影できる360度カメラとして、2013年に発売されました。2014年には改良型の「RICOH THETA m15」、2015年10月23日には、高画質を望むユーザーなどの要求に応える形でシリーズの上位機種もあたる「RICOH THETA S」も発売されました。

今回発売される「RICOH THETA SC」は、360度の全天球映像を手軽に楽しめることをコンセプトとした、360度カメラのスタンダードモデルとして開発された製品となります。

2モデルの違いは?

今回は、RICOH THETA Sと、新モデルであるRICOH THETA SCの違いを紹介します。公式サイトを参考にした製品スペックの比較は下記のとおりです。

 

 

RICOH THETA S

RICOH THETA SC

外形・寸法

44 mm(幅)× 130 mm(高さ)× 22.9 mm(17.9 mm)(奥行き)

45.2 mm(幅)× 130.6 mm(高さ)× 22.9 mm(17.9 mm)(奥行き)

質量

約125g

約102g

カラーバリエーション

1色

ブラック

4色

ベージュ
ホワイト
ブルー
ピンク

有効画素数

約1200万画素(×2)

約1200万画素(×2)

静止画解像度(最大)

5376×2688

5376×2688

静止画_特殊撮影

ノイズ低減
DR補正
HDR合成

ノイズ低減
DR補正
HDR合成

動画解像度(最大)

1920×1080

1920×1080

動画_フレームレート

30fps

30fps

動画_1回の記録時間(最大)

25分

5分

ライブストリーミング

UVC,HDMI

不可

外部インターフェース

USB,HDMI

USB

内蔵メモリー

約8GB

約8GB

アプリケーション

iOS/Android/PC

iOS/Android/PC

価格

42,800円(税込)程度

32,800円(税込)

(参考:THETA360.com

高性能なTHETA S、カジュアルなTHETA SC

主な差異としては、THETA Sはライブストリーミングが可能なこと、外部インタフェースとしてHDMIが対応していること、動画の撮影時間が長いことが挙げられます。一方、スタンダードモデルとなるTHETA SCはカラーバリエーションが4色とTHETA Sに比べて豊富になっていることが特徴です。 RICOH THETA SC
Mogura VRでは、今後、使用感の比較などもお伝えします。

(参考)
THETA360.com 製品比較 https://theta360.com/ja/about/theta/

■ Mogura VR 編集部が360度カメラで撮影したレポート記事の一覧は(ハロウィン渋谷、東京ゲームショウ、雪山など)こちらです

 

■ 機種ごとのスペックを比較した記事はこちらです!
360度カメラ性能比較。THETA S、Gear 360、360camなど5機種のスペックを比較

関連記事はこちら

この記事を書いた人